仕事のスピードと質が同時に上がる33の習慣(鳥原隆志著)

多くの人が正しい優先順位設定の考え方を知らない

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『仕事のスピードと質が同時に上がる33の習慣』(SBクリエイティブ)に出てきた言葉です。
著者はインバスケット・コンサルタントの鳥原隆志さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「優先順位をつけて、仕事をすることが大切」。
こう言われると、「何を当たり前のことを言っているんだ!」と思う人が多いかもしれません。

しかし、1万人の行動データを分析すると、正しく優先順位をつけられる人は、全体のたった6%しかいません。
つまり、多くの人は、仕事に優先順位をつけて取り組んでいるつもりでも、実際にはできていないということなのです。
その理由は、多くの人が正しい優先順位設定の考え方を知らないからです。

かくいう私自身も、社会人になりたての頃は理解していませんでした。
当時は、仕事に優先順位をつけることを「手をつける仕事の順番を決める」ことだと思っていました。
しかし優先順位づくりとは、「どの仕事からやるべきか?」と考えることではありません。
「どの仕事をやるべきで、どの仕事をやるべきでないか?」を考えることなのです。

仕事に正しく優先順位をつけられる6%の人に共通しているのは、「取捨選択」の意識です。
「やるべきこと」と「しなくてよいこと」を自然と分ける習慣が身についているのです。
つまり、正しく仕事の取捨選択ができれば、誰でも「仕事が速くてデキる人」になれるということなのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆正しく優先順位をつけられる人は、全体のたった6%
◆優先順位をつけることは「手をつける仕事の順番を決める」ことではない
◆どの仕事をやるべきで、どの仕事をやるべきではないかを考えることだ
◆優先順位は、「その仕事をしなかったときの影響」を基準につける
◆仕事において、最も時間と労力を使うものはコミュニケーション
◆タスク管理をTODOリストではなくマトリクス表で行う
◆「振り返り」を重要視すれば、仕事はスピーディーに、高品質になる
◆「余裕の時間」を優先順位高く、事前に確保する

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201712issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/553788

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201712_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年12月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

一生使える「仕事の基本」(鳥原隆志著)

「できる」ことを前提に考える

この言葉は『一生使える「仕事の基本」』(大和出版刊)に出てきた言葉です。
著者は株式会社インバスケット研究所代表取締役の鳥原隆志さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

ビジネスの基本は「できる」ことを前提に考えることです。
「できない」のは「できない理由を探す」からです。
これは癖です。
本人は気づいていませんが、周りは気づいています。
彼に言っても、きっと「できない」と言うなと直感まで働いてしまいます。

誰しも依頼をして断られるのは嫌なものです。
だから、そのような人にはお願いはしません。
上司からすれば、できない理由など聞きたくありません。
それより、「どうすればできるのか」と頑張って悩んでくれる部下にお願いしたいのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆成功者や仕事のできる人は原理原則を大事にしている
◆すべてのビジネスは挨拶から始まる
◆ビジネスの基本は「できる」ことを前提に考える
◆重要な仕事には時間と力をかけ、重要でない仕事には時間や力をかけない
◆事前の準備、段取りは仕事の基本
◆仕事の盗み方のコツはテクニックよりも仕事に対する考え方を学ぶこと
◆失敗を認めるまで失敗ではない、挑戦中だ
◆自分の道は自分で作る。他人に委ねない

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201601issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/332765

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201601_3.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2016年1月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

『仕事は8割捨てていい』(鳥原隆志著)

自分自身の合格基準を変える

この言葉は『仕事は8割捨てていい』(大和出版刊)に出てきた言葉です。
著者は株式会社インバスケット研究所代表の鳥原隆志さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

仕事で八方塞がりになる方の特徴は、仕事をすべて仕事と思うがゆえに、
すべてができなくなることです。
成果の上がる方は仕事を取捨選択してパワーのかけ方を変えています。
つまり、すべての仕事で満点を取ろうとしない、
これはある意味、重要ではない仕事を捨てるという判断なのです。

仕事を捨てるということは、仕事をしないということではありません。
自分自身の合格基準を変えることです。
今まで、100点を目指していたなら、
重要ではない仕事は80点にしてもいいでしょう。
時には形だけ行うということもありえるでしょう。
その余ったパワーを重要な仕事に振り向けることで、
同じ力でも成果は大きく異なってくるでしょう。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆捨てないと集中はできない
◆正しいプロセスをたどった捨て方を知る
◆必要な書類と願望の書類を一緒にしない
◆書類を捨てることができない人は、仕事を捨てることはできない
◆本来集中すべき仕事は、今必要な仕事ではない。今後必要になる仕事だ
◆願望の成長、つまり見栄や虚栄心を捨てることで、得ることはたくさんある
◆現在背負っているものは捨てる。そして生まれた力を未来へ集中させよう
◆「戦術的な人」ではなく、「戦略的な人」を目指そう

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201411issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/284386

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201411_2.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2014年11月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

このページの先頭へ