消費は0.2秒で起こる!(西田文郎著)

購買の鍵は扁桃核が握っている

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『消費は0.2秒で起こる!』(現代書林刊)に出てきた言葉です。
著者は日本のイメージトレーニング研究・指導のパイオニア、株式会社サンリ会長の西田文郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私は、大脳生理学と心理学を利用して脳の機能にアプローチする「スーパーブレイントレーニング」を構築し、経営者やアスリートなど、多くの皆さんの夢の実現や成功のサポートをさせていただいてまいりました。

指導を行う際に、必ずお伝えしていることがあります。
うまくいく人の脳は、必ず「快」になっている――ビジネスにせよスポーツにせよ、成功する人の脳はいつでもワクワクした「快」の状態になっています。

快・不快の感情を動かしているものが扁桃核という脳の中の小さな組織です。
扁桃核が「快」にならなければ、「欲しい」という肯定的な感情も起こらず、「買う」という行動にもつながりません。
購買の鍵は扁桃核が握っているのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆うまくいく人の脳は、必ず「快」になっている
◆購買の鍵は扁桃核が握っている
◆消費者の購買行動を促すには、消費者の脳を「快」にすること
◆「オヤ? ふむふむ なるほど!」の法則
◆おかずがたくさんついていると、ウキウキして、脳が「快」の状態になる
◆大きく儲けるために一番必要な能力は他喜力
◆魂レベルでお客さまを喜ばせる
◆儲けたいならゴールを先に設定する

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/KyIWQIhXFho

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201812issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201812_1.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年11月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

大きく稼ぐ経営者になる 脳のアップグレード術(西田文郎著)

目標を持ち、どのようにその目標を実現しようかと常に考えている

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『大きく稼ぐ経営者になる 脳のアップグレード術』(現代書林刊)に出てきた言葉です。
著者は日本のイメージトレーニング研究・指導のパイオニア、株式会社サンリ会長の西田文郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「なかなか稼げない」
「ぼちぼち稼げる」
「大きく稼げる」
「もの凄く稼げる」
「もう稼ぐのは十分で分かち合いたくなる」。
このように稼ぐには5つのレベルがあります。

「ぼちぼち稼げる人間」と「なかなか稼げない人間」の違いはたった一つしかありません。
自分の商売を、自分の仕事を、なめているかどうか。それだけの差です。

なめているとは、別の言い方をすれば、本気になっていないということです。
なかなか稼げない人間も、もちろん必死になって仕事に取り組んでいますが、本気であるとは限らないのです。

では、本気になるとはどういうことなのでしょうか。
スポーツでもビジネスでも、本気になった人間にはこんな特徴があります。
(1)目標を持ち、(2)どのようにその目標を実現しようかと常に考えている。
もし誰かに、
「成功できた人間と、成功できなかった人間の一番大きな違いを具体的に教えてほしい」
と尋ねられたら、私はこの2つをあげます。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆稼ぐには5つのレベルがある
◆稼げない人間は自分の商売、仕事に本気になっていない
◆本気になった人間は目標を持ち、いかに実現しようかと常に考えている
◆他人を喜ばせたい(他喜力)は過酷な競争を勝ち抜くのに一番必要な能力
◆大きく稼ぐには、まず強欲であらねばならない
◆使命感と感謝は、大成功者のエネルギー
◆真の大成功者だけが到達する「積極的無欲」
◆稼いだお金を人と分かち合うと「お金+幸せ」になる

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/Rck94XJRXr8

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/619592

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811_1.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年10月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

新装版 10人の法則(西田文郎著)

別れ際に心を込めて「ありがとう」をいおう

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『新装版 10人の法則』(現代書林刊)に出てきた言葉です。
著者は日本のイメージトレーニング研究・指導のパイオニア、株式会社サンリ会長の西田文郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「ありがとう」にもいろいろな「ありがとう」がありますが、
別れの「ありがとう」ほど人を喜ばせるものはありません。私も仕事などで人と会ったときは、別れ際に心を込めて「ありがとう」をいおうと心がけています。

すると面白いことが起こるのです。
2人の意見が衝突し、感情的なしこりが残りそうなときも、最後に「ありがとう」を口にすると、とたんにイヤな気分がスーッと消えて、いい気持ちになれるのです。
気持ちがいいというのは、扁桃核の判断が肯定的に変わった証拠です。

しかし口先だけの「ありがとう」では、何も変わりません。
コンビニやファーストフード店でよく見かける、やる気のないアルバイト店員のそれのように、口先だけの感謝に扁桃核を変える力はありません。
ウソでもいいから、本気でいう必要があるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆成功するためにいちばん必要なものは「感謝力」
◆扁桃核が「快・不快」を判断している
◆自分より他人を喜ばせようと努力するときのほうが喜びは大きくなる
◆別れ際に心を込めて「ありがとう」をいおう
◆口先だけの感謝に扁桃核を変える力はなく、本気の言葉に感情脳が反応する
◆「ありがとう」は人を素直にする言葉
◆感謝すべき人、10人の名前をあげ、1年以内に全員に感謝を伝えなさい
◆理屈脳の感謝を感情脳に落とし込むのが「10人の法則」

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201807issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/610977

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201807_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年7月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

このページの先頭へ