絶対に身につけたい 本物の接客(菊地麻衣子著)

ほんの一瞬手を止めるだけで印象は急激に洗練される

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『絶対に身につけたい 本物の接客』(明日香出版社刊)に出てきた言葉です。
著者はホスピタリティマインドトレーナーの菊地麻衣子さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

接客では、ちょっとした動きが印象を変えます。
例えば、雑に見えるお辞儀と丁寧なお辞儀の違いは、メリハリです。
言葉と共にお辞儀をする同時礼と、言葉のあとにお辞儀をする分離礼では、分離礼の方が丁寧に見えます。

また、仕事に慣れてくるほど、陥ってしまいがちなのが「ながら動き」です。
「失礼いたしまーす」と声をかけているときに、もうテーブルに商品を置き始めている。
「ご案内します」と言いながら、もう歩き出している。
慣れてくるほど、「止め」を忘れてしまいがちです。

ほんの一瞬手を止めるだけで印象は急激に洗練されます。
カウンターでたくさんのお客様を対応しなければいけない仕事であれば、お客様の番が来たときに一瞬作業の手を止める。
しっかり目を見て「お待たせいたしました。いらっしゃいませ!」と言葉のあとにお辞儀をするだけでいいのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「本物の接客」を実現している方々は職人に似ている
◆接客する場所は舞台、私たちはその舞台に上がる俳優
◆道具を大切にしている真摯な姿勢は必ず周囲に伝わる
◆お持ちものだけでなく、時間を大切に扱うことが本物の接客
◆作り笑顔も必ず本物の笑顔になる
◆ほんの一瞬手を止めるだけで印象は急激に洗練される
◆これからの接客業は、コンシェルジュ化していく
◆機械ができることは機械に任せ、人にしかできないことを磨いていく

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/5oOO7OzHnvw

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201812issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201812_2.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年12月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ