無印良品のPDCA(松井忠三著)

手帳はPDCAを回すための強力なツール

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『無印良品のPDCA』(毎日新聞出版)に出てきた言葉です。
著者は良品計画前会長の松井忠三さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

仕事をする上で、PDCAが重要であることは、ビジネスに携わる人なら誰もがよくご存知でしょう。
私が良品計画を立て直し、強い組織へと成長させていくなかで常にその仕組みの根幹においていたのも、このPDCAでした。

しかし、多くの人がその重要性がわかっていても、実際の現場でうまく回せていないのも、また事実です。
たとえば、計画を立ててはみたものの、実行が伴わない・・・・・・。
そんなときに役に立つのが「手帳」です。

手帳に毎日の貴重な時間を何に使うのかを書き込み、書かれたスケジュールをその通りに一つひとつ実行していけば、ほぼ確実に計画を実行することができます。

もし実行できなかったことがあったとしても、それを再びスケジュールに組み込んで手帳に書き込めば、そこに次の実行の機会が生まれます。
つまり、手帳は実行をサポートするだけでなく、PDCAを回すための強力なツールなのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆手帳はPDCAを回すための強力なツール
◆会社の危機のときは実行(Do)あるのみ
◆積極的に他社のやり方を学ぶ
◆ありとあらゆる仕事のやり方を見直し(チェック)、改善(アクション)
◆仕事を減らしてから人員を減らせば、売り場は荒れない
◆13ファイル、合計約2000ページの業務マニュアルMUJI GRAM
◆マニュアルや仕組みは、つくって終わりではない
◆人材育成についても、PDCAを回す仕組みをつくる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201802issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/580893

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201802_1.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年1月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ