人が集まる職場 人が逃げる職場(渡部卓著)

幸せのはひふへほ

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『人が集まる職場 人が逃げる職場』(クロスメディア・パブリッシング刊)に出てきた言葉です。
著者は産業カウンセラー、エグゼクティブ・コーチの渡部卓さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私はよく、優秀で努力家ゆえに完璧主義に陥りがちな方へ、「幸せのはひふへほ」という言葉をお伝えしています。
は:半分がいい。ひ:人並みがいい。ふ:普通がいい。へ:平凡がいい。ほ:ほどほどがいい。

「不安の時代」のリーダーがすべきなのは、いつでも完璧で前向きな姿を見せ、正解を与え、号令を出し、叱咤激励することではありません。
人それぞれの希望や目標を共有した上で、不安に共感し、共に悩み考え、互いの成長を促し合うことです。
それは「リーダー」というよりは、同じ職場の中でそれぞれの成長を目指す「パートナー」のような感覚です。

人が集まる職場に必要なのは、常に教え導いてくれる完璧なリーダーではありません。
完璧すぎず、自然体でいる。
そして、共に悩みながら支え合うことで、安心感を与えてくれる。
そんな“ほどほどのパートナー”なのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆人は働く中で“成長感覚”を得られないと心が折れてしまう
◆ライフ・ワーク・ソーシャルの3つの領域で成長の風が吹く
◆上昇気流に乗って成長していくためには、風を送って支える人が必要
◆アドバイスより前に、不安に共感し、安心というエネルギーを補給する
◆リーダーというよりは、それぞれの成長を目指すパートナー
◆コーチングスキルの向上のみならず、カウンセリング・マインドを持つ
◆部下の将来の夢や目標、希望するキャリアプランを知る
◆雑談の多い職場に人は集まる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201807issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/610977

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201807_1.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年6月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ