お客様のことが見えなくなったら読む本(松野恵介著)

★人にモノを売るのではなく、人の中にあるコトに役立つ

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『お客様のことが見えなくなったら読む本』(すばる舎刊)に出てきた言葉です。
著者は一般社団法人コトマーケティング協会代表理事の松野恵介さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「マズローの欲求5段階説」第4の欲求「承認欲求」とは、「認めて欲しい」「分かって欲しい」という欲求のことです。
「言わないのに、よく分かってくれているな」
こんな状況をつくり出すことができるかどうか、これがお客様の承認欲求にアピールするのです。

「そうそう! こんなの欲しかったんだよ!」
そんなふうに思ったことはありませんか。
また、「あの人は私のことをよく分かってくれているから」と保険などの契約をしたことはありませんか。
人が持っているこの「分かって欲しい」「認めて欲しい」という欲求は、かなり強いのだと感じます。

こう言うと「そんなこと分ってるよ!」「私もやってる!」と言われる方も多いと思います。
でも、もしかしたら商品やサービス越しに「人」を見ていませんか?
「買ってもらうために、人を見ている」のと、「人を見て、できるコトを探す」のとでは全く違うのです。

人に「モノ」を売るのではなく、人の中にある「コト」に役立つ。
これを僕自身15年間1400社の方々と一緒に実践を繰り返してきました。
ここで大切なのは「モノ売り」の視点から「コト売り」の視点になっていくこと。
これができると、この「承認の欲求」を満たしていける可能性が高くなります。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆マズローの欲求5段階説で消費行動の一つひとつが分かりやすくなる
◆消費者の疑問に答え信用を得るために、情報をしっかりと伝える
◆売り手の発信よりも、お客様の声やレビュー・口コミが大きなポイント
◆人を呼んでもらえるように「役立つ内容」を発信し、コミュニティを創る
◆人に「モノ」を売るのではなく、人の中にある「コト」に役立つ
◆自己実現していきたい人は、自己実現を追求している会社と引き合う
◆あなたの価値観を明確なコトバにすることが大切
◆これからの時代は「一緒に楽しく」が大きなキーワードになる

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/p_ul-z-6PXk

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201904issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201904_2.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年4月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マーケティング

このページの先頭へ