デジタルマーケティングの教科書(牧田幸裕著)

「できない」で発想しない。「きっとできるようになる」で発想する

こんにちは!トークスの岡田です。
この言葉は『デジタルマーケティングの教科書』(東洋経済新報社)に出てきた言葉です。
著者は信州大学大学院准教授の牧田幸裕さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

デジタルマーケティングを考える際に大事なことがあります。
それはデジタルマーケティングでは発想のジャンプが必要であるということです。
なぜならば、テクノロジーの進化スピードは、しばしばマーケティング担当者の考える進化スピードを超えるからです。

現在を起点としてあるテクノロジーができないことでも、しばらくするとできるようになったり、違うテクノロジーができるようにしたりすることが多いのです。
だから、「できない」で発想しない。
「きっとできるようになる」で発想する。
これが近未来からデジタルマーケティングを発想する際の重要な視点です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆フィリップ・コトラーのマーケティングを従来型マーケティングと定義
◆デジタルマーケティングは従来型マーケティングを進化させたもの
◆テクノロジーは急速に進化するので「きっとできるようになる」で発想する
◆「データドリブン」と「オムニチャネル」
◆消費者理解と消費者へのアプローチをデータに基づいて行う
◆ECチャネルとリアル店舗をシームレスに統合する
◆デジタルマーケティングは「消費者との絆、関係性」で差別化を図る
◆デジタルマーケティングの成否が企業の競争力を決定する

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201801issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/570289

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201801_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年1月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マーケティング

このページの先頭へ