課長・部長のための労務管理問題解決の基本(カデナクリエイト著)

セルフアポイントメントで時間を捻出する

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『課長・部長のための労務管理問題解決の基本』(マイナビ出版)に出てきた言葉です。
著者は編集プロダクションのカデナクリエイトさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

残業が多い職場の特徴は、「手戻りが多い」ことです。
手戻り作業が続けば、仕事はなかなか進みません。
当然、労働時間がどんどん積み上がり、結果、残業が増えるわけです。

手戻りが多い理由は、大抵の場合、「部下の力不足」などではありません。
「互いの認識のズレ」や「ホウレンソウ不足」。
要するに上司と部下のコミュニケーションが足りていないからです。
まずは「部下の話を聞く時間」を用意しましょう。

とはいえ、時間は戦略的に自らつくろうとしなければ決して生み出せません。
そのための時間捻出法が「セルフアポイントメント」。
自分で自分にアポを入れるスケジュール管理法です。

例えば「金曜日13時から15時社内ミーティング」といった具合に、自分にアポを入れて、それをスケジュールにしっかりと明記します。
この時間を、部下とのすり合わせに使うのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆残業をしなくても仕事が終わる戦略を組み立て、実践する
◆残業が多い職場の特徴は、手戻り(やり直し)が多いこと
◆手戻りが多いのは、上司と部下のコミュニケーションが足りていないから
◆部下の話を聞くために暇な時間をつくる
◆セルフアポイントメントで空いた時間を、部下とのすり合わせに使う
◆企画書、見積書、資料は使い回す
◆オフの時間を充実させて、そこで得た英気をオンタイムに活かす
◆部下に有給休暇を取得させるために、管理職が自ら有給休暇を取得する

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201706issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/489420

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201706_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年6月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

イノベーションのスタートライン

イノベーションのスタートラインは世の中を見渡す広い視野を持つこと

この言葉は『図解&事例で学ぶ イノベーションの教科書』(マイナビ刊)に出てきた言葉です。
著者は編集プロダクションのカデナクリエイトさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

イノベーションのスタートラインは世の中を見渡す広い視野を持つことです。
個人でもチャレンジしやすい「新しい販路の開拓」を例に考えてみましょう。

大人の知恵の輪として親しまれている株式会社ハナヤマのキャストパズル。
このおもちゃは書店という新しい販路を開拓したことで年間120万個以上も売れる大ヒット商品に育ちました。

従来の販路は玩具店で、20年間で1万個売れるかどうかという商品でした。
ところが脳トレブームが起こった時、書店に集まるような30代男性こそがターゲットだと気づき、新しい販路の開拓につながったわけです。
「靴は靴屋」「花は花屋」といった具合に販路を決めつけず、客層、機能、価格、目的など多様な面から考える柔軟な発想が必要です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆あらゆる組織や個人にイノベーションが求められている
◆イノベーションを起こすためには「企業家」の存在が欠かせない
◆イノベーションに成功するためには「小さく始める」
◆環境をオープンにして、多彩な人々と交流し、情報交換できる場を作る
◆15~30分程度の昼寝を許可しリフレッシュできる環境を整える
◆イノベーションのスタートラインは世の中を見渡す広い視野を持つこと
◆創造とは結びつけること
◆「常識に疑問をもち、質問をぶつける」習慣が創造につながる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
→ https://www.talksnet.jp/201506issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
→ https://www.dlmarket.jp/products/detail/309573

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
→ https://www.talksnet.jp/201506_4.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2015年6月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

図解&事例で学ぶ ビジネスモデルの教科書(カデナクリエイト著)

抽象度をあげて捉え直す

この言葉は『図解&事例で学ぶ ビジネスモデルの教科書』(マイナビ刊)に出てきた言葉です。
著者は編集プロダクションのカデナクリエイトさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

新たなビジネスモデルは、既存のビジネスモデルからヒントを得れば、開発しやすくなるでしょう。
同業他社のモデルを真似たら二番煎じになりかねませんが、異業種のビジネスモデルを応用すれば、斬新な仕組みになるはずです。

「うちの業界は特殊だから、異業種のビジネスモデルの応用なんて無理」という人がいます、
しかしどの業種の事例も、抽象度をあげて捉え直すと、応用しやすくなります。

例えば富山の薬売りを
「客先に商品箱を預けて、欲しい時に買う仕組み」と捉え直せば、
「オフィスに菓子箱を預けて、欲しい時にお菓子を買ってもらう」
オフィスグリコのようなビジネスモデルが生まれるわけです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆既存のビジネスモデルをアレンジし、新たなビジネスモデルを考え出す
◆ビジネスモデルを構築するための5ステップ
 1.SWOT分析などで自社の現状を把握する
 2.満たされていない顧客の潜在ニーズを見つけ出す
 3.潜在ニーズを解決できるビジネスモデルを考える
 4.採算がとれるかどうかシミュレーションする
 5.実行に移す
◆新しいビジネスモデルを実現するためには志が必要だ

ユーチューブで試聴する

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201405issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/259842

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201405_4.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
 メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2014年5月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ