お金の不安が消える本

Pocket

お金に愛される人は、気配りができる人

この言葉は『お金の不安が消える本』(KADOKAWA刊)に出てきた言葉です。
著者はYSコンサルティング株式会社会長のさとうやすゆきさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

お金に愛される人は、気配りができる人です。
私のまわりを見まわしてみても、気配りができないのに、長く事業を成功させている人はいません。

「相手の気持ちを察する」
「相手が求めていることをする」
「いつも相手を喜ばせる」
そんな人はビジネスがうまくいっていますし、当然、お金をたくさん持っています。

反対に自分のエゴを振りかざす人、自身の利益ばかり主張する人、相手のことを考えない人は、ビジネスが思うように回らずにお金に困っています。

日本には「損して得取れ」という言葉もあります。
損得は1日で決まるものではありません。
長い目でものを見て、自分も相手も、関わっている人すべてが得になるように考えられる人が本当の意味で気配りのできる人です。

あなたの周囲にはお手本になる人がきっといるはずです。
今日から、その人の真似をしてみてください。
気配りにマニュアルはありません。
まずは「相手の立場になる」ことから始めてください。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆お金のある・なしに左右されない、しっかりとした価値観を持つ
◆お金とは、川の上を流れる木の葉だ
◆人はお金を欲しいと思う一方で、価値のあるものを欲しいと考えている
◆「認めて」「わかって」「愛して」ほしいの3つの欲求に応えてあげる
◆お金に愛される人は、気配りができる人
◆富を与えてくれる人に、身柄をドーンと全部預けてしまう
◆過去の亡霊を振り払い、今を精一杯に頑張って、前向きに明るく生きる
◆自分を愛し、人を愛し、人の役に立てば、お金は勝手に寄ってくる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201507issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/313082

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201507_4.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2015年7月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ