年収1億円になる人の習慣(山下誠司著)

Pocket

仕事が遅いのは能力の問題だが、スタートが遅いのは姿勢の問題だ

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『年収1億円になる人の習慣』(ダイヤモンド社刊)に出てきた言葉です。
著者は日本最大級・240店舗の美容室EARTHのうち70店舗をフランチャイズ展開する株式会社サンクチュアリ代表取締役の山下誠司さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

仕事で大切なのは、質よりもスピードです。
経験が浅くて未熟なうちは、「仕事が遅い」のはしかたがありません。
けれど、「スタートが遅い」のは致命的です。
仕事が遅いのは能力の問題ですが、スタートが遅いのは姿勢の問題だからです。

やれるかどうかを判断してから行動しようとすると、スピード感が損なわれます。
まず、鬼のスピードで、やってみる。
「行動が先、考えるのはあと」です。
大切なのは、「最初の一歩は、できるだけ早く踏み出す」ことです。
フライングなら、なおよしです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆年収1億円の人の習慣を行うのに、特別な才能も、お金も必要ではない
◆年収1億円の人に変わるには、まずは、お金と時間の使い方を変えること
◆最低でも3年間、できれば10年間、休みなしで働く
◆最初の一歩は、できるだけ早く踏み出す。フライングなら、なおよし
◆普段から、カタカタと電卓を叩くだけで、お金に好かれるようになる
◆笑顔を忘れず、礼節を持って、自分から大きな声で挨拶をする
◆早起きして一番に出社する
◆10年計画を立て、夢の実現のために自ら数字を追いかける

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/NTM2iMhu4wc

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/619592

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811_2.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年11月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ