はやく六十歳になりなさい(西田文郎著)

Pocket

「かけた迷惑」と「受けた恩」を思い出してみる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『はやく六十歳になりなさい』(現代書林)に出てきた言葉です。
著者はイメージトレーニング研究・指導のパイオニア、株式会社サンリ会長の西田文郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

人間は人に迷惑をかける動物です。
しかし普段、人間の脳は自己中心的に物事を捉えているので「かけた迷惑」を忘れて生きている人が多いものです。
産んでくれた両親、会社の上司や同僚、結婚しているのであれば配偶者、兄弟や家族、友人、知人、そのほかお世話になっている人・・・・・・。
皆さんは、どれくらい人に迷惑をかけて生きてきたでしょうか。

忘れているのは「かけた迷惑」だけではありません。
「受けた恩」もそうです。
これまで生きてきたなかで「かけた迷惑」と「受けた恩」を思い出してみてください。
忘れていた恩人や疎遠になっている感謝しなければいけない人がいるはずです。
それらの恩人に感謝を伝えると、不思議なことに、心から不平、不満、不安や悩みが消えていくはずです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆六十代は人生でもっとも豊かで可能性に満ちた年代
◆「“もう年だ”の法則」が人をどんどん老化させる
◆人間の脳は自分が抱いたイメージを実現しようとする
◆脳が変われば、心も行動も人間関係も人生も変わる
◆自分に問いかけ続けていると、脳が答えを出してくれる
◆ツキや幸運は、自分の努力だけではつかめない
◆ツキとは人との出会いであり、運とはツキの持続である
◆感謝すると脳が肯定的になり、不平不満が消え、「利他の心」を生む

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201711issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/539642

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201711_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年11月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ