仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方(宇都出雅巳著)

Pocket

そのミスは「間違い」なのか、「違い」なのか?

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』(クロスメディア・パブリッシング刊)に出てきた言葉です。
著者はトレスペクト教育研究所代表の宇都出雅巳さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

最後に、これからミスをなくそうと取り組んでいく過程で、ミスが起きたときにぜひ考えてもらいたいことがあります。

そのミスは「間違い」なのか、「違い」なのか?

ミスは自分が想定したものとの「違い」が生じたときに発生します。
もちろんその中には避けなければならない「間違い」もありますが、新たな可能性の扉を開く「違い」もあるはずです。

「失敗は成功の母」「失敗などない、そこには学びがあるだけだ」という言葉に象徴されるように未来につながる気づきがあるかもしれません。

とりあえず「間違った!」と落ち込まず、「違った!」と驚いてみることで、ミスだと思っていたことがミスでなくなったりもします。
こんなふうにミスをとらえ、楽しんで生かせる人が、究極の「仕事マスター」かもしれません。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆われわれの脳自体がミスを起こしやすいメカニズムになっている
◆脳のメモ帳「ワーキングメモリ」が集中力のカギを握る
◆メモリーミス(忘れた!)の基本対策はメモを取ること
◆アテンションミス(見落とした!)にはチェックリストが有効
◆コミュニケーションミスを防ぐために「意識の矢印」を相手に向ける
◆ジャッジメントミスをなくしたいなら、「速い思考」より「遅い思考」
◆「ミスはなくせない」と受け入れることが、ミスをなくすための唯一の道
◆そのミスは「間違い」なのか、「違い」なのか?

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201611issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/424917

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201611_3.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2016年11月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ