EQ「感じる力」の磨き方(高山直著)

Pocket

EQが機能しないとIQは働かない

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『EQ「感じる力」の磨き方』(東洋経済新報社刊)に出てきた言葉です。
著者は株式会社EQ会長兼EQエグゼクティブ・マスターの高山直さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私は、EQは感じる能力、IQは考える能力とお伝えしています。
では、皆さんはどちらが先だと思われますか?

私は、感じるのが先だと思います。
たとえば、第一印象。
初対面で「ん? この人、変・・・・・・」と感じたご経験はないですか。

私たちは「ん?」と感じたあとに、その違和感を考えます。
着ている服が変、喋り方が変、目つきが変など、その違和感について考えます。
それがIQです。

部屋に入って、「暑い」と感じ、そのあとに「エアコンの設定温度は何度?」と考えます。
これもIQです。

初対面で、最初から第一印象のいい理由を考えてお会いしないし、温度設定を気にして部屋には入りません。
私は感じるから考えるのだと思います。

EQが機能しないとIQは働きません。
感じる力がいかに大切かおわかりいただけると思います。
毎日、たくさん感じてこころの感度を上げてください。
きっと、毎日いい考えが浮かんできます。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆感情が私たちの行動に重大な影響を与える
◆感情をうまく管理し、利用することは知能である
◆EQ(感じる能力)が先にきてIQ(考える能力)が働く
◆変わりにくい性格で悩むより、変えられる感情を使おう
◆「自分の気持ちを感じる」ことは意外と難しい
◆感じることが自覚できた瞬間、感情のコントロールができている
◆言葉に敏感になることで、こころの感度も高まる
◆EQの開発は「自転車に乗る練習」のようなもの

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201608issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/389382

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201608_3.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2016年8月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ