残業ナシで成果を上げる! 仕事のダンドリ(松本幸夫著)

Pocket

業務を具体的に7つの領域に分類する

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『残業ナシで成果を上げる! 仕事のダンドリ』(同文舘出版刊)に出てきた言葉です。
著者はビジネス書作家・研修講師の松本幸夫さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「あなたはどんな仕事をしていますか?」と聞かれたら、何と答えますか?
実は、この質問にパッと答えられるかどうかで、ダンドリのうまさが判断できます。

ダンドリ上手な人は「新人の育成と得意先の管理、他部門との折衝も多いかな」というようにスラスラと出てきます。
これに対して、ダンドリ下手な人は「自分の仕事は営業」とか、「企画開発です」と、漠然とした捉え方をしがちです。

自分の仕事を、顧客管理、特許の申請、新商品の開発など、業務を具体的に7つの領域に分類してみましょう。
すると、自分にとって重要な仕事がすぐにわかるようになります。
7つの領域に属さない仕事は、基本的に優先度は低いのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆どんな仕事でも、常にROI(投資効果)を確認する必要がある
◆ダンドリとは、「優先順位づけ」
◆いつ始めるかを明確に決めて書き出し、場合によっては周囲に宣言する
◆自分の仕事を具体的に7つの領域に分類する
◆常に「前倒し」を意識し、締め切りを二段構えで設けておく
◆自分のプライムタイムを視野に入れてスケジュールを組む
◆仕事の成果を大きく左右するのが「心の安定」
◆ダンドリは単なる効率化のためではなく、人生をよりよく生きるため

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201607issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/381924

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201607_4.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2016年7月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ