自分の考えに自信が持てる本(広瀬一郎著)

Pocket

リ・フレーム思考を身につけると、自分の考えに自信が持てるようになる

この言葉は『自分の考えに自信が持てる本』(かんき出版刊)に出てきた言葉です。
著者はスポーツ総合研究所株式会社社長の広瀬一郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

みんなに否定されると途端に自信がなくなる。
自分が納得していないやり方でも、上司に言われたという理由で進めてしまう。
周りの人やメディアが言っているから正しいと感じてしまう。

こういった人は世の中にたくさんいます。
そして、その中の多くの人は、「そういう自分を変え、自分の頭で考えたこと、正しいと思うことを、自信を持って主張できるようになりたい」と思っているのではないでしょうか。

この本でお伝えする思考法、「リ・フレーム思考」を身につけると、あなたの中に「思考の軸」ができ、周りの意見やこれまでの常識、慣例、不確実な情報に惑わされず、自分の頭で考えることができるようになります。
それによって、自分の考えに自信が持てるようになるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「思考の軸」ができる「リ・フレーム思考」の4ステップ
(1)これまでのフレームを把握し、それに対して疑問を持つ
(2)情報、課題に当事者意識を持ちプライオリティをつける
(3)ゴールの定義=問題解決の成果を定める
(4)これまでの要素をもとに、解決策(新たなフレーム)を構築する
◆これまでの日本式のフレームはグローバルビジネスの世界では通用しない
◆インプット(行動)、アウトプット(結果)、アウトカム(真の成果)
◆リーダーを務める人に求められる能力は課題設定能力だ

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201512issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/329051

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201512_3.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2015年12月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ