営業1年目の教科書(菊原智明著)

Pocket

お客様の要望を復唱すると、お客様はあなたに好印象を持つ

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『営業1年目の教科書』(大和書房)に出てきた言葉です。
著者は営業コンサルタントの菊原智明さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

あなたはお客様の要望を声に出して復唱していますか。
私は客の立場としても、多くの営業とお会いしますが、伝えた要望を復唱してくれる人は意外にも少ないのです。

本人は「メモしているから大丈夫」と思っているのかもしれません。
しかし、復唱は「忘れる忘れない」の問題だけではありません。
「この人は私の話をしっかり聞いてくれる」というイメージを与える効果があるのです。
お客様の要望を復唱してください。
そうすることでお客様はあなたに好印象を持つようになります。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆トップ営業は基本をしっかりおさえている
◆アポなし訪問やテレアポはお客様の迷惑
◆トップ営業の共通点は「小心者」
◆見た目を改善しただけで営業のチャンスは一気に広がる
◆お客様の要望を復唱すると、お客様はあなたに好印象を持つようになる
◆接客するときには、「トーク設計図」を作成して使う
◆メリットだけでなくデメリットも正直に言い、欠点を補うフォローをする
◆結果を出す営業は共感のステップを必ず踏む

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201805issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/606297

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201805_2.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年5月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:営業

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ