プロフェッショナルが実践している営業の哲学(高野孝之著)

Pocket

実際に締め切りさえつくってしまえば、仕事は締め切りまでに終わる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『プロフェッショナルが実践している営業の哲学』(クロスメディア・パブリッシング)に出てきた言葉です。
著者はスマートライン株式会社代表取締役の高野孝之さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

期末に近づくと、残念な営業マンは、言い訳を考え始める。
できる営業マンは、追い込みをかけて達成する。
一流の営業マンは、すでに目標は半年で達成している。

現場の営業マン時代、私は「1年を半年」と考えて自分自身のデッドラインを通常の半分に設定し、仕事をしていました。

半分の時間で目標を達成しようとすると、「営業の質」が劇的に変化します。
実際に締め切りさえつくってしまえば、なんとか帳尻を合わせようとして、あらゆる努力や工夫をして、仕事は締め切りまでに終わるものです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆一流と残念な営業マンの違いは、才能やセンスではなく紙一重の思考の差
◆仕事は、一度、限界に挑戦すると見えるものがある
◆自分だけのデータを手に入れると、数字をサイエンスの目でとらえられる
◆営業は決して気合と根性の仕事ではない
◆契約に至るお客様への訪問回数が多くなるほど契約の可能性は低くなる
◆デッドラインを通常の半分に設定し、仕事をする
◆一流の営業マンは、聞くことから始める
◆一流の営業マンは、社内のみならず、社外の人の力も借りる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201702issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/446807

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201702_2.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2017年1月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:営業

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ