残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則(菊原智明著)

Pocket

仕事をテストのように考えてやる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則』(明日香出版社)に出てきた言葉です。
著者は営業コンサルタントの菊原智明さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

仕事はすべてデッドラインを意識する。
これは時間術で非常に重要な考え方です。
トップ営業になってからの私は、仕事をテストのように考えていました。
「次のアポまでの45分間でこの仕事を仕上げるぞ」とか「11時までの20分間で会社の提出書類をまとめる」といった感じです。
やることとデッドラインが決まれば、おのずと集中力が高まります。

一見難しく感じますが、実はあなたは学生時代に数え切れないほど経験しています。
学校のテストは「あと5分あればできるのですが」と言っても延長はしてくれず、時間がくれば終わりです。
それを何百回、何千回とあなたはやってきました。

仕事もテストのように考えてやればいいのです。
仕事に手をつける前に、たとえば「10時までの30分間でプレゼン資料を仕上げる」と決めてからはじめてください。
どんな仕事でもリミットがあるからこそ集中力が高まるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆仕事はすべてデッドラインとスタート時間を意識する
◆アクションプランを作成すると実行率は飛躍的にアップする
◆その日に終わらなかった仕事は残業せず、翌日少し早く出社してこなす
◆朝早くが難しいのなら、休日の1時間だけ投資して、たまった仕事をする
◆アポイントの数は目一杯詰め込まず、少し余裕を持つ
◆他の営業スタッフがほとんどフォローしない中長期のお客様を大切にする
◆「無駄にしている時間を書き出す」ワークをする
◆仕事仲間にに気持ち良く動いてもらう言葉を使う

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201612issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/430163

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201612_2.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2016年12月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:営業

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ