孫社長のYESを10秒で連発した 瞬速プレゼン(三木雄信著)

Pocket

話し始めて10秒で決める

新年明けましておめでとうございます。トークスの岡田です。
この言葉は『孫社長のYESを10秒で連発した 瞬速プレゼン』(すばる舎)に出てきた言葉です。
著者はソフトバンク元社長室長の三木雄信さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

仕事で結果を出したいなら、人を動かすためのコミュニケーションスキルが何より重要となります。
しかも変化の激しい今の時代は、計画から実行までをできるだけ速いスピードで行う必要があります。

孫社長を相手にしていた私からすれば、上司からイエスを引き出すのに30秒かかるのでは長過ぎます。
話し始めて10秒で決める。これが瞬速プレゼンです。

瞬速プレゼンが成功するかどうかは、話す前の準備段階で9割がた勝負がついています。
もちろん準備に余計な時間を費やすのはNGですが、コミュニケーションの本番で10秒以内に決着をつけるには、事前の戦略と準備が不可欠ということです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆10秒以内に決着をつけるには、事前の戦略と準備が不可欠
◆承認をもらえない人は、「情報のレベル」が相手の期待とずれている
◆情報には「DIKW」の4つのレベルがある
◆相手が求めるレベルを伝えれば、一発でOKがもらえる
◆できれば「2段上」のレベルの情報を渡す
◆コミュニケーションするときは、1枚のメモを作る
◆電話は最速のコミュニケーションツール
◆週に一度の定例会議と毎日の朝会を習慣化する

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201801issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/570289

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201801_2.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年1月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレゼンテーション

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ