社外プレゼンの資料作成術(前田鎌利著)

Pocket

プレゼンの成否を決めるのはプレゼン資料です

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『社外プレゼンの資料作成術』(ダイヤモンド社刊)に出てきた言葉です。
著者はソフトバンク勤務時代、孫正義社長のプレゼン資料を作成。
現在は全国でプレゼンテーション・スクールを展開している前田鎌利さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

プレゼンの成否を決めるのはプレゼン資料です。
社外プレゼン資料のポイントは2つ。
「シンプル&ロジカル」であること。
そして、相手の「感情」に訴えること。この2つです。

まず第一に、「シンプル&ロジカル」でなければなりません。
ダラダラと要領を得ないプレゼンは誰にも聞いてもらえません。
ですから、些末な要素はどんどんカットして、本当に重要な情報だけで骨太のロジックを組み立てる必要があります。

社内プレゼンの場合は、この条件さえ満たせば合格です。
プレゼンする相手は社内の決裁者ですから、「利益に貢献するか?」「実現可能か?」「企業理念に合っているか?」という3つのポイントをシンプルかつロジカルに説明できれば納得してくれます。

しかし、社外プレゼンはこれだけでは足りません。
なぜなら、プレゼンの相手は、利害を共有する身内である社内の決裁者とは異なるからです。

相手には、こちらのプレゼンを聞く「義務」はありません。
だから、「そうそう、そうなんだよ!」「なるほど!」と思ってもらえるよう「感情」を刺激する表現をしなければなりません。
ロジックだけでは社外の人を納得させることはできないのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「営業プレゼン」と「説明会プレゼン」が社外プレゼンの基本
◆プレゼンの成否を決めるのはプレゼン資料
◆ポイントは2つ。「シンプル&ロジカル」と「相手の感情に訴える」
◆相手の感情の動きを意識しながらプレゼン全体のストーリーを組み立てる
◆ストーリーは1つだけ覚えればOK[共感][信頼][納得][決断]
◆相手の目線でスライドを構成していくことを心がける
◆「聞き手の記憶に刻み込む」が社外プレゼンを成功させる重要なポイント
◆プレゼンにおいて強調するキラーフレーズを見つけ、7回以上繰り返す

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201605issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/343597

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201605_3.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2016年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレゼンテーション

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ