サイバーエージェント広報の仕事術(上村嗣美著)

Pocket

広報の仕事の目的は、会社や商品のファンを増やすこと

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『サイバーエージェント 広報の仕事術』(日本実業出版社刊)に出てきた言葉です。
著者は株式会社サイバーエージェント広報責任者の上村嗣美さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私が考える広報の仕事の目的は、会社や商品のファンを増やすということです。

数ある競合商品の中から、自社の商品を選んでもらう。
数ある会社の中から「この会社に入社したい」と就活中の学生に思ってもらう。
数ある株式銘柄の中から、自社の株式を保有してもらい、さらに長期保有して会社を応援してもらう。
会社で働く社員やその家族に、誇りに思ってもらえるような会社にする。

広報の目的は、社会に存在する生活者たちに、いかに会社のファンになってもらうか、そして、そのファンをどれだけ増やせるかということなのだと考えています。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆広報の仕事の目的は、会社や商品のファンを増やすこと
◆人が何かのファンになる一番大きな原動力は「共感」
◆広報が心がけるべきものは「スピード」「正確さ」「誠実さ」
◆広報によって事業が「1+1」ではなく「1×無限大」になる可能性がある
◆広報は時流と社流をマッチさせる仕事
◆広報で重要なことは社内取材を成功させること
◆プレスリリースを出すネタがなければ、つくってしまえばいい
◆記者から「何かないですか?」と聞かれる広報を目指す

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201605issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/343597

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201605_2.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2016年5月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:広報

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ