最新情報

一流になる勉強法(西田一見著)

勉強する目的を明確にする

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『一流になる勉強法』(現代書林)に出てきた言葉です。
著者はメンタルトレーナー&目標達成ナビゲーター、株式会社サンリ社長の西田一見さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私の教え子たちの中には、東大、京大など、いわゆる難関大学に合格した学生が大勢います。
彼らに共通しているものはなんだと思いますか?

IQが高いことでも、模擬試験の判定がいいことでもありません。
その大学に合格して、何がしたいのか?
そこで学んだ結果、どんな生き方をしたいのか?
こうした目的意識が明確であること。それだけです。

だから、あなたが勉強しようと思っていることがなんであれ、その目的を明確にしなければなりません。
「東大に入りたい」は、目的ではありません。
「司法書士の資格を取りたい」は、目的ではありません。
そんなことを目的にしているから、勉強がつまらないのです。

東大に入って、そこで何を学び、どうしたいのか?
司法書士の資格を、自分の人生にどう生かしたいのか?
これを突き詰めて考えると、もしかしたら東大よりもいい大学があるかもしれませんし、司法書士ではない資格が必要なのだと気づくかもしれません。

「脳だま勉強法」は、脳の思い込みを利用します。
脳が「それだ!」と納得し、実現に向かって一直線に突っ走ってくれるから、どんなことでも可能になるのです。
まずは、とことん目的を考えてみましょう。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆脳の使い方で、勉強の理解度も、試験の合格率も、変えることができる
◆難関大学に合格した学生は目的意識が明確である
◆「東大に入りたい」や「○○の資格を取りたい」は目的ではない
◆東大で何を学び、どうしたいのか? 資格を人生にどう生かしたいのか?
◆勉強する目的を明確にし、人生が輝いている様子をイメージしよう
◆合格した状態から逆算して、すべてを考える
◆潜在能力は時期によって大きく違う
◆脳を信じてあげると同時に、心地よい状態にしてあげよう

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201803issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/597205

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201803_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年3月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

仕事ができる人の最高の時間術(田路カズヤ著)

成功している人とそうでない人の違いは、「時間の使い方」にある

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『仕事ができる人の最高の時間術』(明日香出版社)に出てきた言葉です。
著者は時間生産性向上コンサルタントの田路カズヤさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私は紆余曲折のビジネスマン人生を歩んできましたが、その中で成長企業の経営者や大企業のトップセールスの方々と接する機会にも恵まれました。
そして彼らと話す中で、成功している人には3つの共通点があることがわかったのです。
それは、「一点集中で取り組んでいる」、「とにかく始めている」、「やり抜いている」の3つです。

私たちがもともと持っているエネルギーと与えられた時間には限りがあります。
与えられている資源は全員平等です。
にもかかわらず、結果に違いが生まれるのは、限られた資源を、本当に重要なことに集中して「投資」している人と、分散させて「消費」してしまっている人が存在するからです。
成功している人とそうでない人の違いは、「時間の使い方」にあったのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆成功している人には3つの共通点がある
◆時間を投資している人と、消費している人
◆「意識」を変え、「行動」を変え、「習慣」を変える
◆自分のパッション(情熱)やミッション(使命感)を自覚する
◆「時間の使い方」を見える化して分析する
◆付箋紙に書いたタスクと合計時間を時間管理マトリクスで整理・分析する
◆「心技体」を磨くための時間を先に確保する
◆信頼性を磨くことが、究極の「仕事ができる人の最高の時間術」だ

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201803issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/597205

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201803_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年3月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

超一流のクレーム対応(谷厚志著)

クレーム対応の最後は「お礼の言葉」で終わる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『超一流のクレーム対応』(日本実業出版社)に出てきた言葉です。
著者は「怒りを笑いに変える」クレーム・コンサルタントの谷厚志さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

クレーム対応の最後で、「このたびは申し訳ございませんでした」などと言ってお客様を帰らせたり、電話を切ったりするのはNGな対応です。
クレーム対応の最後は「教えていただいてありがとうございます」などの「お礼の言葉」で終わるのが良いのです。

あなたもお客様の立場になってみると、「教えていただいてありがとうございます」などと感謝の言葉を投げかけられると、「クレームを言ってよかった」「わかってもらえた」「次も使おう」と思うはずです。

これこそが、クレーム対応の目指すべきゴールです。
クレーム対応の最後に投げかける「魔法の言葉」をうまく使いこなして、クレーム客をファンに変えましょう!

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆クレームは「処理する」のではなく「対応する」
◆クレームを言うのは新規客ではなく、リピーター層
◆クレームにしっかり対応すると、お客様をファンにすることができる
◆ファンは、クレームを言わなくなり、良い口コミをどんどん広げてくれる
◆クレーム対応の初期段階での謝り方を間違ってはいけない
◆クレームを受けるときには、お客様の話を共感しながら聴く
◆クレーム対応の最後は「お礼の言葉」で終わる
◆よく起きるクレームの上位3つだけ、対応マニュアルをつくる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201803issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/597205

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201803_2.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年3月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

社長の基本(三條慶八著)

社員の失敗を喜んで受け入れる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『社長の基本』(かんき出版)に出てきた言葉です。
著者は「会社と家族を守る」経営アドバイザー、株式会社Jライフサポート代表取締役の三條慶八さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

中小企業には社長以上に優秀な人は入ってきません。
だから人を育てていくことが大切です。
少数に過ぎませんが、社員にどんどん自由裁量権を与え、のびのびと自分のアイデアや力を発揮させようとする経営者もいます。

中小企業の社員のなかには、偏差値や学歴だけで評価されてきた学校秀才にはない、ガッツと行動力にあふれた社員もいます。
ただし、こういう社員は時々やる気にはやりすぎ、大コケすることがあります。
できた社長は、こんなとき、内心ではむしろ喜んでいたりします。
人は失敗しなければ成長がないことを知っているからです。

会社がつぶれるような失敗でない限り、社員の失敗をむしろ喜んで受け入れる。
そのくらいの度量がある社長の下でこそ、社員は大きく成長します。
その結果が会社の大きな成長につながっていくのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「どんなことがあっても会社はつぶさない」と腹を決める
◆ライバルと闘わず、独自のフィールドを考え出す
◆人が成功するために必要な資質は素直さだ
◆中小企業には社長以上に優秀な人は入ってこない。だから人を育てよう
◆人は失敗しなければ成長しない。社員の失敗を喜んで受け入れよう
◆ダメもとで交渉し、何度も頭を下げて、ムリを覆して結果を引き出す
◆普段から複数行から適正規模の融資を受けて金融機関との関係を保つ
◆銀行が支援したくなるようなプレゼン力をもつ

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201803issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/597205

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201803_1.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年2月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ