海外Webマーケティングの教科書(高岡謙二著)

Pocket

クイックレスポンスを心がける

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『海外Webマーケティングの教科書』(日本実業出版社)に出てきた言葉です。
著者はエクスポート・ジャパン株式会社代表取締役の高岡謙二さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

外国語Webサイトを開設して、引き合いのメールが海外から入った際、大事なのはクイックレスポンスを心がけることです。
返信が遅いと、相手を不安にさせたり、無視されたと受け取られるおそれがあります。
最初から詳細な内容のメールを返信する必要はありません。
短い文章でかまわないので、受け取ってから24時間以内に返信するクセをつけてください。

たとえば、まず問い合わせのメールを確かに受け取った旨の内容を送信し、内容を検討したうえで後日改めてメールすると伝えるのです。
そうすれば、相手を不安にさせることはありません。
きちんとした会社であると印象づけることができるでしょう。
当たり前のことかもしれませんが、こうしたことから信頼関係はつくられていくのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆外国語Webサイトを構築し、自社独自の情報を正しく伝えていく
◆日本語のサイトを単純に外国語に翻訳してはならない
◆会社の一番の強みをベースに情報発信の戦略を立てる
◆Webサイトは運用して情報を更新していくプロセスが非常に重要
◆Webサイトを足掛かりにした海外取引を始める際、担当者を決めておく
◆引き合いのメールにはクイックレスポンスを心がける
◆検索エンジンマーケティングがBtoB取引では最も主流となる手法
◆WebサイトやSNSを活用すれば小額の資本でも世界中にリーチできる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201701issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/438434

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201701_1.html

ユーチューブで試聴する
 

タグ

2016年12月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マーケティング

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ