『「空気」でお客様を動かす』(横山信弘著)

Pocket

人の心理が生み出す空気をうまく操る

この言葉は『「空気」でお客様を動かす』(フォレスト出版刊)に出てきた
言葉です。
著者は現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント、
アタックス・セールス・アソシエイツ社長の横山信弘さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

買うつもりなどまったくなかったのに、買ってしまった。
しかも、それなりのお値段で・・・・・・。
大なり小なり、誰でもそのような経験はあるでしょう。

それではなぜ、あなたは買うつもりなどまったくなかったのに、
それなりのお値段で買ってしまったのか?
そこには、ある秘密があります。
「空気」の存在です。
その空気に触れる前は買うつもりなどなかったのに、
空気に触れたとたんに買ってしまった。

このわかりやすい例が、映画館のポップコーンです。
買う側にとっては、結構割高の商品ですが、
多くの映画館ではポップコーンを買う行列ができています。
それは、売る側である映画館が、
人の心理が生み出す空気をうまく操っているからです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆文脈効果:「 〇〇 へ行くと、△△をしたくなる」という心理現象
◆人を動かす空気は「同調性バイアス」によって作り上げられる
◆「自燃客」、「可燃客」、「不燃客」
◆来店型の受動販売は「点対応」、訪問営業型の能動販売は「線対応」
◆空気マーケティングの手順:ペーシング→ティーチング→ リーディング
◆売る人の気持ち次第で、お客様がその気になるかどうか、大きく変わる
◆売っている商材や自分の会社、お店を好きになろう
◆「好き」だと言う感情があれば、その思考はお客様にも伝わる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201502issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/294856

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201502_1.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2015年1月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マーケティング

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ