お客様が「減らない」店のつくり方(高田靖久著)

Pocket

わずかな上位客が維持できれば、売上げのほとんどが維持できる

この言葉は『お客様が「減らない」店のつくり方』(同文舘出版刊)に出てきた言葉です。
著者は飲食店や美容院の顧客管理をサポートする顧客管理士の高田靖久さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

顧客管理ソフトを使ってもらっている店のデータの平均値を取ってみました。
すると、実は、店の売上高は、上位わずか10%のファン客層だけで、年間売上高の45%を占めていました。
次の20%の得意客層は年間売上高の30%。
なんと上位3割のお客様だけで、年間売上高の75%を占めているのです。

私は今までに1000店舗以上のデータを見てきましたが、いまだかつて、この比率から大きく外れた店とは巡り会ったことがありません。
店の限られた経費を、上位客に集中して使えば、手厚いフォローができます。
このわずかな上位客が維持できれば、売上げのほとんどが維持できるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆自店の「お客様ごとの売上げランキング表」をつくる
◆ファン客層と得意客層の上位3割のお客様が年間売上高の75%を占める
◆上位客を手厚くフォローしよう
◆「売り込みのDM」と「売り込まないDM(ニュースレター)」
◆「売り込まないDM」は、「売り込みのDM」の2倍送る
◆ニュースレター「売り込まないDM」でお客様との関係促進に力を入れる
◆DMの反応率を上げるためのデータ:利用回数、経過日数、購買金額
◆既存客に手間暇をかけてニュースレターを送ってみよう

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201407issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/271830

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201407_2.html

ユーチューブで試聴する

 このメルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
 下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
 メール案内ご登録画面
 いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2014年7月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マーケティング

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ