シリコンバレー式 最強の育て方(世古詞一著)

Pocket

1on1(ワンオンワン)ミーティング

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『シリコンバレー式 最強の育て方』(かんき出版)に出てきた言葉です。
著者は組織人事コンサルタントの世古詞一さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

最近、優秀な部下の思いもよらない退職が増えています。
それはいったいなぜでしょうか?
私は、社会的背景が急激に変わってきているのに、上司と部下のコミュニケーションの取り方が変わらないからだと考えます。

現状、日本での上司と部下の公式的なコミュニケーションといえば、年に2回の評価面談くらいのものですが、その場は緊張感に満ちています。

他にあるとすれば、不定期に「〇〇君、ちょっといい?」と部下を呼び出して面談を行うときでしょう。
このときの対象は問題のある部下です。
この面談は、上司が部下を指導する時間なので厳しいムードです。

このように上司も部下も1対1の面談には
無意識に嫌なイメージを持っているのが現状です。

一方、革新的なベンチャー企業や世界的有名企業が集まるシリコンバレーでは、1on1ミーティングというカルチャーが当たり前になっています。
上司と部下が週に1回、30分~1時間、1対1の面談を行うのです。
私はこのシリコンバレー式のマネジメント手法が、今まさに日本で必要だと思っています。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆最近、優秀な部下の思いもよらない退職が増えている
◆シリコンバレー式「上司と部下のコミュニケーションの取り方」が必要
◆1on1ミーティング:上司と部下が1対1の面談を行う
◆信頼関係づくりステージで毎回すべて話し合う3つのテーマ
 プライベート相互理解、心身の健康チェック、モチベーションアップ
◆成長支援ステージでどれかを話し合う4つのテーマ
 業務・組織課題の改善、目標設定/評価
 能力開発/キャリア支援、戦略方針の伝達

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201712issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/553788

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201712_2.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年12月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ