課長・部長のための労務管理問題解決の基本(カデナクリエイト著)

Pocket

セルフアポイントメントで時間を捻出する

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『課長・部長のための労務管理問題解決の基本』(マイナビ出版)に出てきた言葉です。
著者は編集プロダクションのカデナクリエイトさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

残業が多い職場の特徴は、「手戻りが多い」ことです。
手戻り作業が続けば、仕事はなかなか進みません。
当然、労働時間がどんどん積み上がり、結果、残業が増えるわけです。

手戻りが多い理由は、大抵の場合、「部下の力不足」などではありません。
「互いの認識のズレ」や「ホウレンソウ不足」。
要するに上司と部下のコミュニケーションが足りていないからです。
まずは「部下の話を聞く時間」を用意しましょう。

とはいえ、時間は戦略的に自らつくろうとしなければ決して生み出せません。
そのための時間捻出法が「セルフアポイントメント」。
自分で自分にアポを入れるスケジュール管理法です。

例えば「金曜日13時から15時社内ミーティング」といった具合に、自分にアポを入れて、それをスケジュールにしっかりと明記します。
この時間を、部下とのすり合わせに使うのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆残業をしなくても仕事が終わる戦略を組み立て、実践する
◆残業が多い職場の特徴は、手戻り(やり直し)が多いこと
◆手戻りが多いのは、上司と部下のコミュニケーションが足りていないから
◆部下の話を聞くために暇な時間をつくる
◆セルフアポイントメントで空いた時間を、部下とのすり合わせに使う
◆企画書、見積書、資料は使い回す
◆オフの時間を充実させて、そこで得た英気をオンタイムに活かす
◆部下に有給休暇を取得させるために、管理職が自ら有給休暇を取得する

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201706issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/489420

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201706_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年6月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ