「誇り」となる会社の作り方(蓬台浩明著)

Pocket

コツコツと地道に、そして、「きれいごと」をやり続ける

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『「誇り」となる会社の作り方』(現代書林)に出てきた言葉です。
著者は環境活動が評価され、国連にも認められている株式会社都田建設代表取締役の蓬台浩明さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

森と経済の持続可能な循環。そして、人と人のつながり。
木に吹き込まれる念(おも)いのバトン。自然を愛する人の願いのバトン。
こうした、人と自然の調和のある暮らしを私たちは大切にしています。

こうしたドロフィーズの環境への取り組みが国連にも認められ、国連機関が開設した「ナスカ気候行動ポータルサイト」にも掲載されています。
また、国内でも注目を集め、2015年12月に、環境省の「第5回カーボン・オフセット大賞 優秀賞」を受賞いたしました。

環境への取り組みは、コツコツと地道に、そして、「きれいごと」をやり続けることです。
そうすることでしか、美しい地球を取り戻すことはできません。
私たちドロフィーズは新しい発想で、「誇り」となる会社になるためにも、これからも「美」にこだわり、「地域」にこだわり、「地球環境」にこだわった経営を実践していきます。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆人は環境で決まる!
◆個人でできることをチームでできるまでに徹底していく
◆街づくりをする際に、美しいデザインをする
◆「整える」ということを徹底して、学び、実践し、共有して改善する
◆街づくりは、自然の美しさを保ちながら、利他の精神を持ってデザインする
◆グリーン・ディベロップメント(環境に配慮した持続可能な街づくり)
◆どんな企業も、環境問題を無視して生き残ることはできない
◆人と自然の調和のある暮らしを大切にする

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201706issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/489420

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201706_1.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年5月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ