儲かる売り場の全技術(前田輝久著)

Pocket

売り場づくりは、スタッフの育成にも効果がある

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『儲かる売り場の全技術』(かんき出版刊)に出てきた言葉です。
著者は船井総合研究所、経営コンサルタントの前田輝久さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

売り場づくりは、スタッフの育成にも効果があります。
たとえば「他の店でこんなPOPを書いて、商品の並べ方を変えてみたら、売上が増えたらしいんだけど、やってみる?」と頼むと、ほとんどのスタッフは嬉々として取りかかるものです。

POPを書いたり、商品の並べ方を変えるぐらいであれば、お金もかかりません。
商品知識がなければPOPは書けませんから、スタッフの勉強にもなります。

大きな変更ではなく、小さな棚一つぐらいから始めれば、店舗の売上などへのリスクはほとんどありません。
範囲が小さいので成功体験も早く得られ、スタッフの自信とやる気につながります。

小さな成功体験を積み重ねていくことで、1年も経てば、著しく成長するでしょう。
また、「この店でずっと働きたい」という気持ちも湧いてくるはずです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆儲かるお店にするために大切なことは「売れる商品をもっと売る」こと
◆商品同様、購買意欲のあるお客様に売るほうが効率よく売上をつくれる
◆売れる場所に商品を置けば、売上はさらに伸びる
◆回遊性を高め、お客様の滞在時間が増えると、客単価が上がる
◆一部の高級店を除けば、繁盛店には「賑わい感」がある
◆お客様がワクワクするような売り場をつくる
◆売り場づくりは、スタッフの育成にも効果がある
◆商品知識だけでなく、最終的には仕事の目的がわかる人材を育てること

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201610issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/404081

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201610_2.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2016年10月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ