コストダウンは社長の仕事!(吉村末男著)

Pocket

第1目標、第2目標をつくり、いきなり高い目標を掲げない

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『コストダウンは社長の仕事!』(現代書林刊)に出てきた言葉です。
著者は経営コンサルタントの吉村末男さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

問題を解決するには、必ず数値化するようにします。
「頑張ろう」「できないはずはない」などと掛け声だけで話し合っていても、必ず誤解を招いて、目標達成は不可能になります。
改善はまず、現実の数字を正しく把握することから始まります。

そして、達成目標とそのための達成期間を決めます。
工期もなくて、業務がスピーディーに進むわけがありません。

達成目標を立てる際、注意しなければならないことは、第1目標、第2目標をつくり、いきなり高い目標を掲げないことです。
スタートダッシュが肝心なのに、いきなりできもしない目標の壁に立ち塞がれては、意欲がしぼんでしまうというものです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆業務改善のスタートは業務上の無駄やロスなどの問題点を発見すること
◆見つかった問題点や日々のデータを基に、現状分析を行う
◆現状分析では、問題点を抽出し、細分化して見ていく
◆問題を解決するには、必ず数値化する
◆問題点を指摘するには、写真を撮り、朝礼や会議で見せるのが一番
◆購買管理では、仕入先を数社リストアップし、必ず競争させること
◆コストダウンと同じくリスク管理も経営者の重要な職務の一つ
◆ラインをすぐ止める勇気を持て

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201607issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/381924

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201607_2.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2016年6月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ