99%の社長が知らない銀行とお金の話(小山昇著)

Pocket

銀行は、敵でも味方でもなく、ビジネスパートナーである

この言葉は『99%の社長が知らない銀行とお金の話』(あさ出版刊)に出てきた言葉です。
著者は日本経営品質賞を2度受賞、株式会社武蔵野社長の小山昇さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「銀行は敵である」と思っている社長がいますが、私はそうは思いません。
武蔵野がこれだけ大きくなれたのは、銀行のお力添えがあったからです。

かといって、私は「銀行=味方」と楽観視もしていません。
味方だと思うと銀行に頼ってしまい、経営が甘くなります。

銀行は、敵でも味方でもなく、ビジネスパートナーであると私は考えています。
銀行の支援なくして、経営は成り立ちません。
銀行もまた、融資先の成長なくして収益は上がりません。
銀行と中小企業は「ウィン・ウィン」の関係を築くことが大切です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆多くの社長はお金のことにあまりにも無知で無策だ
◆無借金経営会社は、いざというときに金を借りにくい
 銀行から融資を受け、きちんと返済して実績をつくること
◆銀行と企業は、敵でも味方でもなく、ビジネスパートナーである
◆融資は自分の都合だけでなく、銀行や支店長の都合まで考慮して受ける
◆無担保・無保証でお金を借りるために3点セットを提供して情報開示
◆資金に余裕があっても、繰り上げ返済をしてはいけない
◆取引銀行は1行ではなく4~5行にする

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201602issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/335160

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201602_1.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2016年1月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ