『やる! 唐池恒二の夢みる力が「気」をつくる』(唐池恒二著)

Pocket

あとひと手間、もうひと確認

この言葉は『やる! 唐池恒二の夢みる力が「気」をつくる』(かんき出版刊)に出てきた言葉です。
著者はJR九州会長の唐池恒二さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

JR九州の社長に就任したとき、最初の挨拶で、三つの行動哲学を唱えました。
「誠実」、「成長と進化」、「地域を元気に」、この三つです。

私は、「誠実」という言葉を二つの意味で捉えています。
一つは、「嘘、偽りやごまかしがなく思いやりのある行動や心の持ち方」というものです。
もう一つは、「手抜きをしない、手間をかける」ということです。
誠実には、この二つの意味があるとずっと言っています。

では、どうすれば自分の誠実さ、社員の誠実さを高めることができるのか。
一番簡単な方法は掃除です。
組織のリーダーや現場の責任者の掃除に対する意識が低ければ、会社はどんどん汚れていきます。

そしてもう一つは挨拶です。
「挨拶なんてどうだっていい」と思っていれば、その職場は挨拶をしない職場になってしまいます。

私は「あとひと手間、もうひと確認」ということをよく言っています。
手間をかけることによって新しい価値を生み出すことができ、それが感動につながっていくからです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆3年連続赤字だった子会社を「気」を満ち溢れさせ黒字転換
◆「夢みる力」夢は人々に力を与える
◆三つの行動哲学:「誠実」「成長と進化」「地域を元気に」
◆あとひと手間、もうひと確認
◆鉄道事業という成熟産業には夢はない
◆地域を元気にしようといえば、「気」が満ち溢れ、夢が生まれる
◆D&S列車が地域のまちづくりの核になっている
◆クルーズトレイン「ななつ星イン九州」がもたらした地元へのPR効果

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201501issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/290769

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201501_1.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2014年12月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ