『会社の悩みは、運動会で解決しよう!』(米司隆明著)

Pocket

運動会で職場では気づけなかった発見に出会う

この言葉は『会社の悩みは、運動会で解決しよう!』(クロスメディア・マーケティング刊)に出てきた言葉です。
著者はNPO法人・ジャパンスポーツコミュニケーションズ代表理事の米司隆明さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

運動会をきっかけに、会社や仲間を好きになり、モチベーションが上がり、組織が一丸となる。
「営業成績が上がった!」という声をいただくこともあります。
たかが運動会、されど運動会。あなどれません。

なぜ運動会が企業に選ばれ、退職を決意していた社員が翻意するようなことが起こるのか。
それは運動会でなければ起こり得ない意外な発見があるからです。
弊社が行なっているアンケートでは、印象に残る名言が書かれていることも多いのですが、特に目につくのが、「お前、そういうやつだったのか!」といった、職場では気づけなかった発見に出会うケースです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆社内運動会、開催する前の人気は低いが、実施後の満足度は高い
◆運動会をきっかけに、会社や仲間を好きになり、モチベーションが上がり、
 組織が一丸となる。「営業成績が上がった!」という声もある
◆運動会を開催するのにそれほどお金はかからない
◆社員旅行や飲み会と運動会をセットにしてみませんか
 運動会後にはコミュニケーションを深めたいという欲求が生まれるから
◆運動会は運動会屋へアウトソーシングする時代がやってきた
◆自社オリジナルの競技があると、盛り上がりや一体感が大きくアップする

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201412issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/287398

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201412_3.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2014年12月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ