『まっすぐバカ正直にやり続ける。』(豊崎賢一著)

Pocket

お客様と従業員に愛される会社にする

この言葉は『まっすぐバカ正直にやり続ける。』(ダイヤモンド社刊)に出てきた言葉です。
著者はあきんどスシロー社長の豊崎賢一さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

一人ひとりの従業員が「お客様に喜んでいただきたい」という「おもてなしの心」を持って、お客様に接する。
そうすれば、必ず「ありがとう」という言葉を伝えてくださいます。
その言葉が従業員を幸せにしてくれます。
そして、幸せを感じてくれた従業員は、より一層お客様のために力を尽くしてくれます。

この好循環を生み出すことこそが、スシローという存在に意味を与えてくれるのだと思います。

だから、私の経営の目標はこれです。
「お客様と従業員に愛される会社にする」
会社の業績や規模は、その結果としてもたらされると信じているのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆スシロー創業者・清水義雄の4つの明確な戦略
 (1)原価率50%でうまい寿司を出す (2)”超”薄利多売をめざす
 (3)原価管理とコスト管理を徹底する (4)郊外に出店する
◆商売哲学:お客様が求めていることを、真面目に正しくやり続ける
◆真面目に働く従業員を大切にする
◆感情が伴ったとき、はじめて戦略は動く
◆回転寿司総合管理システムの構築
◆お客様と従業員に愛される会社にする

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201410issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/281528

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201410_1.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2014年9月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ