ノウハウ・マネジャーの教科書(久野正人著)

Pocket

常に成功している組織にはグッドサイクルの法則がある

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『ノウハウ・マネジャーの教科書』(クロスメディア・パブリッシング)に出てきた言葉です。
著者はビジネスコーチの久野正人さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

現場をまとめる役割を求められるノウハウ・マネジャーが能力を発揮すべきなのは、現場の「人間関係の質」を高めることです。
マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授の「組織の成功循環モデル」をご存知の方も多いでしょう。

常に成功している組織にはグッドサイクルの法則があります。
逆にうまくいかない組織にはバッドサイクルの法則が見られます。
そのどちらも同じ4つの要素である「結果の質」「関係の質」「思考の質」「行動の質」で構成されています。

重要なのは、4つの要素のどこからスタートするかということ。
グッドサイクルに入るためには、関係の質を高めることからスタートします。
関係性がよければ、仕事に集中できる環境で、リラックスした状態で前向きな考え方ができたり、社内メンバーで意見交換を行ったりすることができます。

このように思考の質を高めることができれば、思考の結果である行動の質もよいものです。
よい仕事をすれば、必然的に結果の質も高まります。
結果がよければ、社内の雰囲気はさらによくなるので関係性の質もますますよいものとなり、グッドサイクルが続いて4つの質は向上し続けます。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆ノウハウ・マネジャーは部課長と現場のメンバーをつなぐ節点
◆マサチューセッツ工科大学ダニエル・キム教授の「組織の成功循環モデル」
◆「関係の質」→「思考の質」→「行動の質」→「結果の質」
◆コミュニケーションスキル:「観察」「質問」「傾聴」「認知・承認」
◆リーダーシップ、マネジメント、フォロワーシップを意識して使い分ける
◆リーダーシップとは、未来を予測し、先を切り開く力
◆自分自身をリードする、人々をリードする、組織をリードする
◆フォロワーシップを身につけ、ポリティカル・リテラシーで人を動かす

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201802issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/580893

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201802_2.html

ユーチューブで試聴する
 

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年1月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:リーダーシップ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ