形容詞を使わない 大人の文章表現力(石黒圭著)

文章においては「形容詞を避けることが表現力向上の基本」である

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『形容詞を使わない 大人の文章表現力』(日本実業出版社)に出てきた言葉です。
著者は国立国語研究所教授、一橋大学連携教授の石黒圭さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

人間が何かに触れ、それを言葉にするとき、反応として最初に出てくるのは形容詞です。
女子高生がアパレルショップに入り、まず口にするのは「かわいい」です。
道を聞いてきた外国人に流暢な英語で返す友人を見たときに出てくる言葉は「すごい」でしょう。
こんなふうに、私たちの反応は形容詞でできています。

しかし、形容詞は、会話のなかで目の前の相手に自分の気持ちを伝えるのには適しているのですが、自分の感じた気持ちを相手に詳しく伝えるのには適していません。
つまり、形容詞は文章で目に浮かぶように説明をするのには不向きな品詞です。
だから文章においては「形容詞を避けることが表現力向上の基本」であると考えます。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆形容詞は目の前の相手に自分の気持ちを伝えるのには適している
◆しかし、形容詞は文章で目に浮かぶように説明をするのには不向きな品詞
◆「すごい」のような意味の広い形容詞を使わない
◆「すばらしい」といわず、すばらしく感じられる点を具体的に列挙する
◆対象をきちんと見つめ、それを具体的に丁寧に描写する
◆抽象的表現と具体的表現を往復することで初めて表現としての力を得る
◆大きい・小さいという主観的な物差しは、比喩によって直感的に表現する
◆定型化された紋切り型の言葉からはきっぱりと縁を切る

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201802issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/580893

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201802_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年2月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

高密度仕事術(古川武士著)

生産性が高いリーダーは仕事の見える化、標準化にこだわる

こんにちは!トークスの岡田です。
この言葉は『高密度仕事術』(かんき出版)に出てきた言葉です。
著者は習慣化コンサルタントの古川武士さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

生産性が低いリーダーは、人に仕事を教えるとき、毎回ゼロから同じ作業を説明してOJT中心で習得してもらおうとします。
生産性が高いリーダーは仕事の見える化、標準化にこだわります。

仕事時間の5%をTMC(テンプレート・マニュアル・チェックリスト)づくりに投資することを提案します。
9時から17時まで働く人ならば、5%は一日あたり20分になります。
毎日20分、TMCづくりに時間を使えば、かなりの仕事の見える化が可能です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「価値ある仕事とは何か」を定義し優先する
◆退社時間を死守し、早寝早起きで、朝に集中するリズムをつくる
◆処理スピードを高め、かつ仕事の総量を減らす
◆生産性が高いリーダーは仕事の見える化、標準化にこだわる
◆シングルタスク、シングルモードで集中する
◆生産性が高い人は、1日の予定に突発業務の時間を想定している
◆チャンクダウンとベビーステップで先延ばしせず、すぐやる
◆高密度PDCAを回す

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201801issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/570289

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201801_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年1月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

ありがとうの魔法(小林正観著)

「ありがとう」を言うだけで、神様を味方につけることができるらしい

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『ありがとうの魔法』(ダイヤモンド社)に出てきた言葉です。
著者は2011年に逝去された作家の小林正観さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私の40年間の研究の結果、「ありがとう」を言うだけで、神様を味方につけることができるらしいということがわかってきました。
どうも神様というのは、「ありがとう」を言われると嬉しいというエネルギーだけの存在のようなのです。

それがわかってしまうと、神様や宇宙を使いこなすことは、それほどむずかしくないことだと思います。
ただひたすら喜んで、「ありがとう」を口にして、感謝さえしていれば、「ありがとう」と言いたくなるような出来事が降ってくるらしいのです。

ただし、「ありがとう」と言いたくなるような出来事といっても、特別な出来事が降って来るわけではないようです。
実は、今までと同じ普通の出来事が降ってきているだけで、降ってくる出来事の「質」が変わるわけではありません。

では、どうして幸せな出来事が降ってきているように感じるのでしょうか。
それは、「感謝の心(ありがとうの心)」に目覚めたからのようです。

ひとつの現象や出来事に、プラスもマイナスもありません。
ですが、感謝の心を意識し始めた人間は、普通の出来事にさえ、幸せを感じられるようになります。

そして、一般的に不幸と言われるような現象に対しても、幸せととらえるようになり、その結果として特別な出来事が降ってきているように感じるらしいのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「ありがとう」を言うだけで、神様を味方につけることができるらしい
◆ひとつの現象や出来事に、プラスもマイナスもない
◆感謝の心を意識し始めた人間は、普通の出来事にさえ、幸せを感じられる
◆「不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句」を口にしないように戒めよう
◆頼まれごとがあったときは、時間が空いていれば受ける
◆自分の使命は、頼まれごとの中にある
◆人の話を聞くとは、ただ聞くのではなく人の話を取り入れるということ
◆運命は人によって運ばれてくる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201712issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/553788

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201712_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年12月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

仕事のスピードと質が同時に上がる33の習慣(鳥原隆志著)

多くの人が正しい優先順位設定の考え方を知らない

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『仕事のスピードと質が同時に上がる33の習慣』(SBクリエイティブ)に出てきた言葉です。
著者はインバスケット・コンサルタントの鳥原隆志さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「優先順位をつけて、仕事をすることが大切」。
こう言われると、「何を当たり前のことを言っているんだ!」と思う人が多いかもしれません。

しかし、1万人の行動データを分析すると、正しく優先順位をつけられる人は、全体のたった6%しかいません。
つまり、多くの人は、仕事に優先順位をつけて取り組んでいるつもりでも、実際にはできていないということなのです。
その理由は、多くの人が正しい優先順位設定の考え方を知らないからです。

かくいう私自身も、社会人になりたての頃は理解していませんでした。
当時は、仕事に優先順位をつけることを「手をつける仕事の順番を決める」ことだと思っていました。
しかし優先順位づくりとは、「どの仕事からやるべきか?」と考えることではありません。
「どの仕事をやるべきで、どの仕事をやるべきでないか?」を考えることなのです。

仕事に正しく優先順位をつけられる6%の人に共通しているのは、「取捨選択」の意識です。
「やるべきこと」と「しなくてよいこと」を自然と分ける習慣が身についているのです。
つまり、正しく仕事の取捨選択ができれば、誰でも「仕事が速くてデキる人」になれるということなのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆正しく優先順位をつけられる人は、全体のたった6%
◆優先順位をつけることは「手をつける仕事の順番を決める」ことではない
◆どの仕事をやるべきで、どの仕事をやるべきではないかを考えることだ
◆優先順位は、「その仕事をしなかったときの影響」を基準につける
◆仕事において、最も時間と労力を使うものはコミュニケーション
◆タスク管理をTODOリストではなくマトリクス表で行う
◆「振り返り」を重要視すれば、仕事はスピーディーに、高品質になる
◆「余裕の時間」を優先順位高く、事前に確保する

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201712issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/553788

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201712_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年12月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

このページの先頭へ