チャンスは「ムダなこと」から生まれる。(中谷彰宏著)

★最低限の準備をしたところから、本当の準備が始まる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『チャンスは「ムダなこと」から生まれる。』(現代書林刊)に出てきた言葉です。
著者は1000冊の本を書いている中谷彰宏さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「準備していますか」と言われた時に、「一応最低限の準備はしています」と答える人がいます。
それは「準備」ではありません。
最低限の準備をしたところから、本当の準備が始まります。

私は博報堂にいたころ、師匠から「このコピーを明日までに300本書いてこい」と言われたら、500本書いていきました。
コピーライターは、他にもたくさん一緒に作業しています。
全員が300本持ってくるので、10人いたら3000本です。
その中で「プラス200本」は必要以上のもので、ムダな準備です。

企画を考える時に、節約を始めた時点でアイデアは出なくなります。
アイデアマンやプランナーは、トップの人ほど出してくるアイデアが多いのです。

最低限の準備は「準備をしている」とは言えません。
「そんなこともあるかと思って」ということで準備をすると、とてつもない量になります。
過去の経験量の多い人ほど、準備は多くなります。
それがその人の想像力になっていくのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆ムダの逆は効率。効率の極致がAI。中途半端な効率はAIにかなわない
◆焦っている人は、すぐに役に立つことを求める
◆ムダができる人は能動的になる。ムダができない人は受動的になる
◆最低限の準備をしたところから、本当の準備が始まる
◆やりがいは、効率の中にはない。ムダなことをするところに生まれてくる
◆個性は、その人がどういうムダをしているかで決まる
◆運は、ムダなことから生まれる
◆効率に何かムダを足すことによって、次のステージへ進化していける

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/DcUHenfH1PQ

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902_4.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年2月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

デザイン思考の先を行くもの(各務太郎著)

★未来は「予測するもの」ではなく、自分の手で「創るもの」

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『デザイン思考の先を行くもの』(クロスメディア・パブリッシング刊)に出てきた言葉です。
著者は建築家・コピーライターの各務太郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私が最初に建築の道を志したきっかけは、高校生の頃、図書館でふと手にした『宇宙船地球号 操縦マニュアル』という本との出会いに他なりません。
著者は20世紀を代表する建築家・思想家のバックミンスター・フラー。
フラーはその本の中で、地球をひとつの大きな宇宙船に見立て、その乗組員である私たち地球人が未来に直面するであろう問題を、鋭く、鮮やかに言語化していました。

どうしてこんなにもピンポイントで未来を予測できるのだろう。
私が感じたこのモヤモヤを、彼の遺した次の言葉はものの一瞬で晴らしてくれました。
「未来を予測する最良の方法は、デザインしてしまうことである」。

未来は「予測するもの」ではなく、自分の手で「創るもの」というフラーのコペルニクス的発想の転換こそ、私が現在に至るまで夢中になっている哲学です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆未来を予測する最良の方法は、デザインしてしまうことである
◆見立てる力とは、抽象化することで同じ土俵で結びつけられる能力のこと
◆デザイン思考とはプロトタイプづくりを軸とした改善のためのツール
◆ハーバード:個人の見立てに基づいた未来からのバックキャスティング
◆ロンドンで生まれたスペキュラティブ・デザイン
◆未来は一本道ではなく、起こり得る可能性に準じて幅があるのではないか
◆デザイナーの役割はこの選択肢から望ましい未来のシナリオを提示すること
◆異なる専門性の掛け合わせ、見立て合いが必要

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/Tuf03AyhYSo

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年2月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

即効!成果が上がる 文章の技術(尾藤克之著)

★「何を書きたいのか」を明確にする

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『即効!成果が上がる 文章の技術』(明日香出版社刊)に出てきた言葉です。
著者はコラムニストの尾藤克之さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

文章を書くことはコツさえ覚えてしまえばそんなに難しいことではありません。

多くの人は文章を書くのを難しいと思っていますが、彼らの文章を見てきて思うことがあります。
それは、文章を書くことに苦手意識を持つ人ほど、「何を書きたいのか」が明確になっていないということです。

まずは、あまり難しく考えずに、自分は何を伝えたいのかを掘り下げてください。
この作業は、テクニック本を読んでもわかりません。
あなたの中に答えがあるからです。
自分の気持ちに素直に向き合う作業が必要になります。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆文章を書くことはコツさえ覚えてしまえばそんなに難しいことではない
◆求められる文章の技術は「目標を達成できる文章」だ
◆「目標を達成する」とは、相手に的確に伝え、行動を促すこと
◆書く文章には根拠がなかったとしても自信を持つように振舞う
◆自信が持てないことは徹底的に情報を深堀りする
◆情報量は自信を与え、自信のある文章は読者を動かす
◆常に短いキーセンテンスで区切って簡潔にまとめる
◆専門性の高い文章ほど、誰が読んでもわかりやすいレベルに落とし込む

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/m61rfv9J2fo

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201901issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201901_4.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年1月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

年収1億円になる人の習慣(山下誠司著)

仕事が遅いのは能力の問題だが、スタートが遅いのは姿勢の問題だ

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『年収1億円になる人の習慣』(ダイヤモンド社刊)に出てきた言葉です。
著者は日本最大級・240店舗の美容室EARTHのうち70店舗をフランチャイズ展開する株式会社サンクチュアリ代表取締役の山下誠司さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

仕事で大切なのは、質よりもスピードです。
経験が浅くて未熟なうちは、「仕事が遅い」のはしかたがありません。
けれど、「スタートが遅い」のは致命的です。
仕事が遅いのは能力の問題ですが、スタートが遅いのは姿勢の問題だからです。

やれるかどうかを判断してから行動しようとすると、スピード感が損なわれます。
まず、鬼のスピードで、やってみる。
「行動が先、考えるのはあと」です。
大切なのは、「最初の一歩は、できるだけ早く踏み出す」ことです。
フライングなら、なおよしです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆年収1億円の人の習慣を行うのに、特別な才能も、お金も必要ではない
◆年収1億円の人に変わるには、まずは、お金と時間の使い方を変えること
◆最低でも3年間、できれば10年間、休みなしで働く
◆最初の一歩は、できるだけ早く踏み出す。フライングなら、なおよし
◆普段から、カタカタと電卓を叩くだけで、お金に好かれるようになる
◆笑顔を忘れず、礼節を持って、自分から大きな声で挨拶をする
◆早起きして一番に出社する
◆10年計画を立て、夢の実現のために自ら数字を追いかける

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/NTM2iMhu4wc

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/619592

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811_2.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年11月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

このページの先頭へ