シェアライフ(石山アンジュ著)

★シェアすることで生まれる最も大きな価値は「つながり」

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『シェアライフ』(クロスメディア・パブリッシング刊)に出てきた言葉です。
著者は内閣官房シェアリングエコノミー伝道師の石山アンジュさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

シェアすることで生まれる最も大きな価値は「つながり」です。
私は2012年ごろから、海外旅行に行く際はシェアプラットフォームを活用するようになりました。

Airbnbで宿泊させてもらったお家の家族と一緒にご飯を食べて、買い物へ行ったり、遊びに行ったり、同じ時間を過ごし、フェイスブックで友だちになる。
すると帰国後も、もう一度その国に行くときには遊びに行ったり、相手が日本に来るときにはこっちが泊めてあげたりできる。

Uberを利用して移動したときには、たった1時間の移動のあいだに話が盛り上がり、恋愛の話までして、その後もSNSで相談し合うような関係になりました。

従来であればホテルに泊まり、タクシーで移動する。
これまでは単に消費して対価を支払って終わりだったサービスが、人とのつながりが個人にストックされていく場になる。
「お客様は友だち」――まるでそんな感覚。
シェアサービスの本質的な価値は、ここにあると思っています。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆シェアは、これからの時代を幸せに生きていくためのキーワード
◆社会全体で「組織」から「個人」へのパワーシフトが起きている
◆シェア時代、主語が「私」から「私たち」に変わってきている
◆シェアすることで生まれる最も大きな価値は「つながり」
◆シェアは暮らしだけでなく、新たな仕事の機会創出にも可能性がある
◆介護をシェアすることで、今の介護人材の不足や疲弊の問題を解決できる
◆個人の時代では、私たち一人ひとりがルールづくりに参画する必要がある
◆ルールや制度をつくる目的は、禁止や制限ではない

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/JIfbGlfW1xE

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201905issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201905_4.html

タグ

2019年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

「すぐやる人」の読書術(塚本亮著)

★すぐやる人は、常に新しいアクションのための読書をする

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『「すぐやる人」の読書術』(明日香出版社刊)に出てきた言葉です。
著者はグローバルリーダー育成プロフェッショナル、ジーエルアカデミア代表の塚本亮さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

1冊読み切ったことに満足感を覚えて安心してしまう。
実は、これが「やれない人」の読書パターンです。

すぐやる人は、常に新しいアクションのための読書をします。
そのために、読み切るために読むのではなく、飛ばし読みしながらでも自分が探していた答えのヒントを見つけるために読書をします。
「あ、これは自分にはなかったものだな」
「これはまだやったことがないな」
と思うものに出会うことに意義があるのです。

つまり、読書を通して新しい価値観や情報を見つける。
そしてそれをすぐに行動に活かすためにどういうアクションが必要かを考える。
この軸からぶれないことが大切なのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆読書で多角的に時代の変化をとらえ、自分をアップデートする
◆「すぐやる人」は自分の価値観を壊すために読書をする
◆「すぐやれない人」は自己肯定のために本を読んで満足してしまう
◆読み切るために読むのではなく、常に新しいアクションのために読む
◆成長できる人はインプットとアウトプットの時間の間隔がとても短い
◆アウトプットの基本は「動く」「シェアする」「集める」
◆毎朝カバンに本を1冊入れて出かけることで読書を習慣化しよう
◆リアル書店のよさは「想定外の情報との出会い」にある

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/4OhZLBIavnU

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201904issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201904_4.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年4月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

仕事の速い人が絶対やらない段取りの仕方(伊庭正康著)

★段取りの良い人は、一人でできる仕事でも、他の人に協力を依頼する

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『仕事の速い人が絶対やらない段取りの仕方』(日本実業出版社刊)に出てきた言葉です。
著者は研修会社、株式会社らしさラボ代表取締役の伊庭正康さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

一人で頑張ろうとすると、いつもバタバタし、段取りも悪くなりがちです。
一方で、段取りの良い人は、一人でできる仕事でも、「手分けをする」ことで、もっとスピードアップできないかと考えます。

「自己決定感」という考え方があります。
「自分が決めた」という感覚を差し、心理学者エドワード・デシは、自己決定感こそが「内発的動機(やる気)を高める要素」であると提唱しました。

チームで「結果を出すための一番の鍵」は何かと言ったら、この考え方です。
一人のパワーより複数のパワーを集中させた方が、当然強いわけです。
他の人の協力を依頼することは、チームで仕事をする人の隠れたルールだと思っておいた方がいいでしょう。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆効率の追求は小さなディスラプション(創造的破壊)の繰り返しだ
◆成果につながらない「仕事っぽく見えるムダ」を徹底的に省く
◆仕事を平準化させるために、中間締切を設定し、ムラを徹底的に減らす
◆記憶がホットなうちに、ほんの少しだけ作業をしておく
◆「自分は段取り良くサクサクと結果を出す人」の自己イメージを持とう
◆相手の要望を「Must」「Want」「NG」でレベル分けする
◆一人でできる仕事でも、他の人に協力を依頼する
◆会議の時間を半分にすることを目標にする

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/wTlR4aWt5So

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201904issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201904_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年4月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

右脳思考(内田和成著)

★仕事ができるビジネスパーソンは勘を上手に使っている

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『右脳思考』(東洋経済新報社刊)に出てきた言葉です。
著者は2006年に「世界の有力コンサルタント25人」に選出され、現在は早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

この本で伝えたいのは、ロジカルシンキングの否定ではありません。
ロジックだけでなく感情や勘、すなわち右脳を働かせることで仕事をより効率的に進める、あるいは、成果を上げることができるということです。

経営コンサルタントという仕事柄、実にたくさんの経営者、あるいは経営幹部と接してきました。
その数は優に1000人を超えます。
そうした中で、成功している経営者、とりわけオーナー企業の経営者に特徴的な行動パターンがあります。
それは一見、思いつきにしか見えない意思決定や行動をとっていることです。
私の経験から見れば、仕事ができるビジネスパーソンは多かれ少なかれ、勘を上手に使っています。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆右脳思考はロジカルシンキングの否定ではない
◆仕事ができるビジネスパーソンは多かれ少なかれ勘を上手に使っている
◆3つのステージを経て、人ははじめて行動に移す
◆左脳で考えたことに右脳で肉付けし、相手の気持ちに寄り添う
◆相手の気持ちを動かすためにはストーリー(物語)が必要
◆人は未来に夢や希望を持てる企画や提案に心を惹かれる
◆ストーリーに必要なのは、立体感、現実感、安心感
◆失敗を恐れず右脳思考にチャレンジしよう

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/dUiJRw2YcQw

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201904issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201904_1.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年3月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

このページの先頭へ