最強の優先順位(美崎栄一郎著)

周りの環境によって時間の価値が変わる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『最強の優先順位』(かんき出版)に出てきた言葉です。
著者は商品開発コンサルタントの美崎栄一郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

周りの環境によって時間の価値は変わります。
ここで、1つ私自身の例を挙げましょう。
以前、私は新幹線や飛行機の中でノートパソコンを広げ、執筆の仕事をしようとムキになっていた時期がありました。
しかし、今では新幹線や飛行機の中でノートパソコンを開くことは一切ありません。

理由は単純で、移動中の環境はパソコン作業に向かないことに気づいたからです。
新幹線や飛行機の作業環境を普段のワークスペースと比べると、テーブルの広さや通信環境、電源など様々な面で見劣りします。

いろいろ検証してみた結果、東京・大阪間の新幹線の中の2時間30分で書ける原稿と、環境が整った自身のワークスペースの2時間30分で書ける原稿の量に、倍近い差があることに気づきました。

こう考えると、新幹線や飛行機の中で文章を書くことが、いかに無駄なことかがおわかりいただけると思います。
同じ仕事をする場合でも、生産性の高い環境とそうでない環境とがあります。
ですから、周辺環境に応じて優先順位が変わるという原則を意識してください。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆緊急度と重要度では生産性は上がらない
◆割り込み仕事や些末な仕事があることを前提にして優先順位をつける
◆「今」という時間にその価値を最大化できる仕事を割り振る
◆場所によって時間の価値が変わる(場所によってやるべき仕事が変わる)
◆周りの環境によって時間の価値が変わる
◆時間帯によって時間の価値が変わる
◆体調によって時間の価値が変わる
◆「仕事の分割と集合」でスキマ時間を有効活用する

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201804issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/603280

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201804_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年4月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

楽天で学んだ「絶対目標達成」7つの鉄則(小林史生著)

目標達成=努力(やり切る力)×努力の工夫(仕方)

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『楽天で学んだ「絶対目標達成」7つの鉄則』(日本実業出版社)に出てきた言葉です。
著者は楽天市場初期の主要メンバーとして複数の事業部長やアメリカの買収先企業の社長を務め、現在は独立してコンサルティング会社を経営する小林史生さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私は、楽天が100人規模のベンチャーの時代から、1万人を超える大企業になるまでを中から見て、目標を達成し続ける人に関して、ある方程式が当てはまることに気づきました。
それは、「目標達成=努力×努力の工夫」というものです。

成果を常に出し続けている人は、「努力(やり切る力)」に加えて、「努力の工夫(仕方)」の部分が特に優れており、独自のノウハウを実践し、確実に成果を出していました。

逆に必死に努力をしているけれど、なかなか結果につながらない方も多くいます。
私も昔はそうでした。
しかし、努力の工夫(仕方)を少し変えるだけで、必ず大きな成果を出すことができるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆目標達成=努力(やり切る力)×努力の工夫(仕方)
◆人間は到底達成しない高さの目標を達成したときに、成長する
◆1回の成功体験が、たくさんの成功体験を生み出す原動力になる
◆楽天社内で普段最も聞く言葉の一つが「因数分解」
◆因数分解とはビジネスを構成している要素をバラバラに分解すること
◆期限を決めて結果が出るまで信じて粛々とやる
◆目標を常に達成する人は、何が起きても達成できるようにプランを立てる
◆時間だけでなく、自分の活動にもバッファ(余裕)を持たせる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201804issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/603280

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201804_2.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年4月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

一流になる勉強法(西田一見著)

勉強する目的を明確にする

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『一流になる勉強法』(現代書林)に出てきた言葉です。
著者はメンタルトレーナー&目標達成ナビゲーター、株式会社サンリ社長の西田一見さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私の教え子たちの中には、東大、京大など、いわゆる難関大学に合格した学生が大勢います。
彼らに共通しているものはなんだと思いますか?

IQが高いことでも、模擬試験の判定がいいことでもありません。
その大学に合格して、何がしたいのか?
そこで学んだ結果、どんな生き方をしたいのか?
こうした目的意識が明確であること。それだけです。

だから、あなたが勉強しようと思っていることがなんであれ、その目的を明確にしなければなりません。
「東大に入りたい」は、目的ではありません。
「司法書士の資格を取りたい」は、目的ではありません。
そんなことを目的にしているから、勉強がつまらないのです。

東大に入って、そこで何を学び、どうしたいのか?
司法書士の資格を、自分の人生にどう生かしたいのか?
これを突き詰めて考えると、もしかしたら東大よりもいい大学があるかもしれませんし、司法書士ではない資格が必要なのだと気づくかもしれません。

「脳だま勉強法」は、脳の思い込みを利用します。
脳が「それだ!」と納得し、実現に向かって一直線に突っ走ってくれるから、どんなことでも可能になるのです。
まずは、とことん目的を考えてみましょう。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆脳の使い方で、勉強の理解度も、試験の合格率も、変えることができる
◆難関大学に合格した学生は目的意識が明確である
◆「東大に入りたい」や「○○の資格を取りたい」は目的ではない
◆東大で何を学び、どうしたいのか? 資格を人生にどう生かしたいのか?
◆勉強する目的を明確にし、人生が輝いている様子をイメージしよう
◆合格した状態から逆算して、すべてを考える
◆潜在能力は時期によって大きく違う
◆脳を信じてあげると同時に、心地よい状態にしてあげよう

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201803issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/597205

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201803_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年3月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

仕事ができる人の最高の時間術(田路カズヤ著)

成功している人とそうでない人の違いは、「時間の使い方」にある

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『仕事ができる人の最高の時間術』(明日香出版社)に出てきた言葉です。
著者は時間生産性向上コンサルタントの田路カズヤさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私は紆余曲折のビジネスマン人生を歩んできましたが、その中で成長企業の経営者や大企業のトップセールスの方々と接する機会にも恵まれました。
そして彼らと話す中で、成功している人には3つの共通点があることがわかったのです。
それは、「一点集中で取り組んでいる」、「とにかく始めている」、「やり抜いている」の3つです。

私たちがもともと持っているエネルギーと与えられた時間には限りがあります。
与えられている資源は全員平等です。
にもかかわらず、結果に違いが生まれるのは、限られた資源を、本当に重要なことに集中して「投資」している人と、分散させて「消費」してしまっている人が存在するからです。
成功している人とそうでない人の違いは、「時間の使い方」にあったのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆成功している人には3つの共通点がある
◆時間を投資している人と、消費している人
◆「意識」を変え、「行動」を変え、「習慣」を変える
◆自分のパッション(情熱)やミッション(使命感)を自覚する
◆「時間の使い方」を見える化して分析する
◆付箋紙に書いたタスクと合計時間を時間管理マトリクスで整理・分析する
◆「心技体」を磨くための時間を先に確保する
◆信頼性を磨くことが、究極の「仕事ができる人の最高の時間術」だ

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201803issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/597205

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201803_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年3月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

このページの先頭へ