「営業」は必ず君の武器になる(高城幸司著)

どんな職業についても営業がついてくる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『「営業」は必ず君の武器になる』(日本実業出版社刊)に出てきた言葉です。
著者は人事・組織コンサルタント、株式会社セレブレイン代表取締役の高城幸司さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

ここで皆さんに知ってほしい事実があります。
これからの時代、営業的なスキルを持つことが、誰でも避けられない時代になってきます。
医者や弁護士でも「自分を売り込む」営業力が必須です。
会社でも、営業をはじめ、複数の仕事を経験させる人事異動がトレンドです。

あるゼネコンでは、営業現場の経験を設計に活かして欲しい、あるいは、新たなキャリア形成の機会になることを望む、と設計部門の社員の半数を3年以内に営業職に異動させると宣言しました。
この宣言に設計部門は大騒ぎになったものの、大半の社員は受け入れて営業職へ異動していきました。

こんなふうに、営業職への人材の大異動はあちこちで行なわれるようになっています。
だとしたら、「どんな職業についても営業がついてくる」と腹をくくり、だったら少しでも早いうちにやっておいたほうがいい、と思ってください。
自分に与えられたミッション(役割)に対しては、ポジティブに取り組んだほうがいいに決まっています。

営業をいきなり「大好きになれ」とは言いません。
ただ、多少は心と裏腹でも楽しそうに、イキイキと仕事をするフリをしてみませんか?
すると、不思議なことに仕事が好きになります。
どんな仕事でも、あなたの発想と行動で素晴らしいものになるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆これからの時代、どんな職業の人でも「自分を売り込む」営業力が必須
◆楽しそうに仕事をするフリをすると、不思議なことに仕事が好きになる
◆「考えない営業」と「考える営業」
◆「考える営業」ができるようになると感謝の言葉をいただく機会が増える
◆クロージングではお客様に早期の決断がメリットを創出することを訴える
◆目先の売上のために小さな技を覚えるより教養を磨く
◆売れていなくても明るく、朗らかに振る舞えば、いい仕事が舞い込むもの
◆大変な労力がかかっても、営業の仕事をするのであれば、ブレーンを目指す

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/uPtiIH3HlGA

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/619592

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年11月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:営業

トヨタで学んだトップ営業マンの「売れる」技術(酒井亮著)

顧客教育をして、お客様に気持ちよく納得してもらい購入してもらう

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『トヨタで学んだトップ営業マンの「売れる」技術』(明日香出版社刊)に出てきた言葉です。
著者は営業コンサルタントの酒井亮さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私がコンサルを行うときは、「顧客教育」という言葉をメインテーマにして営業マンに教えています。
顧客教育、言葉だけを見ると、偉そうという感じがするかもしれません。
しかし、モノやサービスを販売するうえで、これは営業マンがお客様に行う最も大切な作業だと言っても過言ではありません。

私は「1年間、綺麗にお乗りいただいていればとても高く下取りできるので、1年で買い替えるのが一番お得です」という顧客教育により、お客様の平均買い替え期間が他の営業マンより短くなりました。
もちろん、押し売りをしたお客様は一人もいません。
顧客教育をして、お客様に気持ちよく納得してもらい購入してもらったのです。

「プロとしてお客様に何を教えられるか?」この概念を持つか持たないかで、売り方やお客様へのアプローチの仕方は間違いなく変わります。

そして顧客教育によって得られるお客様との信頼関係は、大きなトラブルをなくし、その後のお付き合いを円滑にします。

お客様との会話の中で顧客教育を織り交ぜていくことで、雑談が提案になり、提案が商談になり、ひいては成約につながるのです。
どの業種でも顧客教育をすることは、販売をするうえで最も大切な仕事です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「このお客様はこうであろう」と思い込まないこと
◆同じテーブルに着き、お客様と話ができる空間を作る
◆門前払いは断られる以前の問題で、仕事ではない
◆売れるヒントとなるキーワードをお客様から伺い、見込み客に伝える
◆自社商品やサービスを話す前に、お客様の情報をひとつでも多く仕入れる
◆顧客教育は営業マンがお客様に行う最も大切な作業
◆プロとしてお客様に何を教えられるか?
◆顧客教育の概念を持つと、売り方やお客様へのアプローチの仕方は変わる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201808issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/612797

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201808_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年8月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:営業

営業1年目の教科書(菊原智明著)

お客様の要望を復唱すると、お客様はあなたに好印象を持つ

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『営業1年目の教科書』(大和書房)に出てきた言葉です。
著者は営業コンサルタントの菊原智明さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

あなたはお客様の要望を声に出して復唱していますか。
私は客の立場としても、多くの営業とお会いしますが、伝えた要望を復唱してくれる人は意外にも少ないのです。

本人は「メモしているから大丈夫」と思っているのかもしれません。
しかし、復唱は「忘れる忘れない」の問題だけではありません。
「この人は私の話をしっかり聞いてくれる」というイメージを与える効果があるのです。
お客様の要望を復唱してください。
そうすることでお客様はあなたに好印象を持つようになります。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆トップ営業は基本をしっかりおさえている
◆アポなし訪問やテレアポはお客様の迷惑
◆トップ営業の共通点は「小心者」
◆見た目を改善しただけで営業のチャンスは一気に広がる
◆お客様の要望を復唱すると、お客様はあなたに好印象を持つようになる
◆接客するときには、「トーク設計図」を作成して使う
◆メリットだけでなくデメリットも正直に言い、欠点を補うフォローをする
◆結果を出す営業は共感のステップを必ず踏む

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201805issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/606297

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201805_2.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年5月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:営業

トップセールスが絶対言わない営業の言葉(渡瀬謙著)

自分のしゃべりよりも相手の気持ちを意識する

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『トップセールスが絶対言わない営業の言葉』(日本実業出版社)に出てきた言葉です。
著者はサイレントセールストレーナーの渡瀬謙さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私は幼少期から極度に無口でした。
口ベタであがり症だった私が、営業職になり、最初は売れない時期を過ごしていました。
口ベタなので人一倍トークの練習をします。
しかしどんなに自分ではうまくなったと思っても、結果がついてきません。
その理由は、自分のしゃべりにばかり意識が向いていて、お客様にフォーカスしていなかったからです。

あるときから私は、自分のしゃべりよりも相手の気持ちを意識するようになりました。
もともと自分を前面に押し出すタイプではなかったので、相手を立てるスタイルのほうが性に合っていたようです。
そして、言葉に慎重な性格もあってか、徐々に成績が伸び始めて、勤めていたリクルートでトップセールスになりました。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆自分のしゃべりよりも相手の気持ちを意識する
◆使うべき言葉と、使ってはいけない言葉を選り分ける
◆「お世話になります」は初対面のときは禁句
◆初対面の相手に笑顔で近づくと警戒される
◆将来の予定を聞く質問は、お客様から警戒されやすい
◆過去から聞くと、売り込まれる感じにはならない
◆商品説明で「買ってください」は禁句
◆「ちょっとバタバタしてまして」と言わない

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201709issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/515990

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201709_2.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年8月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:営業

このページの先頭へ