『プレゼンは資料作りで決まる!』(天野暢子著)

「通る」資料作りの決め手はGHOUS(ガウス)

この言葉は『プレゼンは資料作りで決まる!』(実業之日本社刊)に出てきた言葉です。
著者はプレゼン・コンシェルジュの天野暢子さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私は資料を作る際、意思決定者を思い浮かべながら、次の5つを考えています。
ゴール、ホスピタリティ、オリジナリティ、ユーザビリティ、シンプル。
頭文字をとってGHOUS(ガウス)。
「通る」資料作りの決め手はガウスです。

まず、その資料によって「何が」「どうなる」という到達地点を作り手自身が決めていなければ、相手をゴールに誘導することはできません。

そして、資料の善し悪しを決めるのは、感情を持った人間です。
相手への気配り(ホスピタリティ)が心のOKボタンを押させます。

次に、どこかの誰かが作った資料の上書きではなく、自分らしさ(オリジナリティ)を見せることでも選ばれる資料に変わります。

また、相手に気分よく選んでもらうには使いやすさ(ユーザビリティ)はとても重要です。

最後にシンプルです。
説明ではなく直感させることで、相手を考え込ませずにゴールに誘導します。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆資料を作る際、意思決定者を思い浮かべながら、常に次の5つを考える
 ゴール、ホスピタリティ、オリジナリティ、ユーザビリティ、シンプル
◆資料作成の目的は相手の意思決定を導き出すことにある
◆意思決定に必要な情報とは何なのかを「6W2H」で考える
◆通る資料は、相手にとってのベネフィットが盛り込まれている資料
◆読ませて理解させるのではなく、ビジュアルで「見せて」「直感させる」
◆途中で相手が迷わぬようレールを敷き、自分が意図した終着駅まで誘導する
◆細部までの気くばりが資料を通すことにつながる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201410issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/281528

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201410_3.html

ユーチューブで試聴する

タグ

2014年10月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレゼンテーション

これだけ! プレゼンの本質(野村尚義著)

ビジネスは選別というオーディションの連続です

この言葉は『これだけ! プレゼンの本質』(すばる舎リンケージ刊)に出てきた言葉です。
著者はプレゼンテーション・アドバイザーの野村尚義さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

ビジネスでは、私たちはいつも選別の目にさらされます。
顧客との商談、部下をその気にさせる働きかけ、社内の企画提案・・・、
まさに、ビジネスは選別というオーディションの連続です。

私はこの大小様々なオーディション場面すべてがプレゼンテーションであると考えています。
そして、それらの場面を成功に導く「選ばれる力」がプレゼンテーション力です。

私は、これまで10年間にわたり、12000人以上にプレゼンの指導をしてきました。
私の周りにはプレゼンの成功パターンと失敗パターンが両方とも揃っています。

選ばれる人は、どういう言葉で語っているのか?
選ばれない人は、どういう言葉を使っているのか?
その言葉が出てくる背景の思考フレームはどういうものなのか?

そんな研究と実践の結果、選ばれるプレゼンターに求められる視点を体系化したものが、ダイヤモンド・プレゼンテーション戦略です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆ダイヤモンド・プレゼンテーション戦略の3ステップ
 (1)コンセプト設計(2)シナリオ設計(3)スタイル設計
◆トップ1%のプレゼンターはコンセプト設計を最重視する
 前ステップの不備を後ステップでカバーすることはできないからだ
◆コンセプト設計を構成する4つの要素
 バリュー、ターゲティング、ポジショニング、コンセプトフレーズ
◆バリューとニーズは機能レベルより、効用レベルより、未来レベルで語る
◆受け手のウィッシュを叶えるための未来価値を語る

ユーチューブで試聴する

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201405issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/259842

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201405_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
 メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

顧客に必ず“Yes”と言わせるプレゼン | 新名史典著

ひと手間フォローする

この言葉は『顧客に必ず“Yes”と言わせるプレゼン』(同文舘出版刊)に出てきた言葉です。
著者は日本唯一のプレゼンテーション専門コンサルタント企業、株式会社Smart Presen社長の新名史典さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「プレゼンが終了した段階で仕事終わり!」と言いたいところですが、実はそうではありません。
大変良いプレゼンで、相手の評価も上々だったとしても、そのあとが実は非常に重要です。

それが最後のプロセスで、相手が稟議書を通しやすいように、少しだけお手伝いしてあげるのです。
これを私はひと手間フォローと呼んでいます。

多くのことをやる必要はないし、そもそも、他の会社や組織の中のことですから、それほど首を突っ込むわけにはいきません。
目的は、相手の仕事がしやすいようにアシストしてあげることです。
ここをしっかりと理解していれば、少しのお手伝いであっても大きな効果を上げることができます。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆プレゼンは「よし! これでいこう!」というOKをもらうために行う
◆ヒアリングを重視し、相手の期待に応える
◆聞き手にとってわかりやすいストーリーを作る
◆資料への盛り込みすぎは危険。情報を整えよう
◆聞き手に参加してもらう、実体験してもらう工夫をする
◆自分自身を知り、よく見えるようにコントロールする
◆本番でしゃべる時間の10倍は練習する
◆相手が稟議書を通しやすいようにひと手間フォローする

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/1QqDJsQ59NI

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201403issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/257108

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201403_2.html

タグ

小さなプレゼンのスキルを身につけよう

プレゼンのない現場はない
   5分で相手を納得させる!「プレゼンの技術」 | 藤木俊明著

こんにちは。ビジネス書の要約CDトークスの岡田です。
この言葉は『5分で相手を納得させる!「プレゼンの技術」』(同文舘出版)に出てきた言葉です。

著者はコンテンツ企画・制作会社、ガーデンシティ・プランニング社長の藤木俊明さん。
藤木さんは次のように書いています。

「プレゼンは苦手で避けて通りたい」と思っているビジネスパーソンは少なくありません。
海外の映画で見るような、大勢の人を前にして行うようなプレゼンをイメージして、
「プレゼンなんて自分には関係ない世界の話だ」と思っている人もいます。

しかし、現在のビジネス環境において、プレゼンのない現場なんてあり得ません。
社内の企画会議で自分のプランを発表する、
そのプランを練り上げて役員会に上程する、
お客様の所に行って新製品の説明をする、
代理店を集めて新製品のセールスポイントを説明する、
そんな小さなプレゼンを毎日毎日乗り切っていかなくてはなりません。

【月刊トークス】2011年11月号では、この本の要約を約12分でまとめていますが、上記の他にあなたが気づきを得られることはこんなことです。

◆プレゼンツールを取り扱う技術の高い人がプレゼン上手とは限らない
 パソコンやプロジェクターを使えない現場でのプレゼンも多いからだ
◆プレゼン上手とは、臨機応変に、短い時間で、 相手にポイントを説明でき、納得させ、決裁をもらえる人
◆「5分で納得プレゼン」4つのポイント
 1.説得力あるたたずまいの演出
 2.当を得たメッセージを一つだけ発信
 3.相手が成功物語をイメージできるように発信
 4.相手のタイプを分析した上で、最適な話し方とツールで発信

【月刊トークス】2011年11月号購入サイトへのリンクです
新しいウィンドウが開きます

タグ

このページの先頭へ