山見博康 | 広報・PRの基本

★広報・PRの第一人者がわかりやすく解説
 『広報・PRの基本』
 山見博康(広報・危機対応コンサルタント)著
 日本実業出版社刊 1,800円(税別)

【キーワード】
◆広報は、社外に対しては「会社の顔」として積極的な情報開示を行い
     社内に対しては企業ビジョンなどを社員へ浸透させる
◆広報担当者は、記者の情報源となり、知恵袋になるよう努力すること
◆Q&A(想定問答集)作成はプレスリリース作成よりも難しい
◆Q&A作成時の最も大切な心構えは、できるだけ多くのQを出すこと
◆メディア・トレーニングにはトップだけでなく関係者全員が参画すること
◆広報担当は、「危機は人災なり」と認識しておくこと
 従い最上の危機対応とは、立派な会社になろうと努力すること

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2009年7月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:広報

井上岳久 | 無料で1億人に知らせる門外不出のPR広報術101

★月間平均100回以上のメディア露出を達成したPR広報術!
 『無料で1億人に知らせる門外不出のPR広報術101』
 井上岳久(コンサルタント、元横濱カレーミュージアムプロデューサー)著
 明日香出版社刊 1,500円(税別)

【キーワード】
◆大切なメディア選び
◆PR上手は、リリース配信後、電話で確実にフォローする
◆リリースは1テーマにつき3回送る
◆メディアの人たちに教えを乞う
◆メディア向けのホームページはぜひ用意しよう
◆リリース以外のPR・広報の手法にも挑戦しよう
◆取材は「おもてなし」だ
◆小さい記事であっても、全力で対応しよう

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2007年6月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:広報

矢島尚 | PR会社の時代

★PRを制するものが市場を制す!
 『PR会社の時代』
 矢島 尚(上場PR会社、プラップジャパン社長)著
 東洋経済新報社刊 1,500円(税別)

【キーワード】
◆不祥事が発生した時にPR会社に相談するのは今や常識
◆不祥事を対岸の火事だと思わないこと
◆ブランドは広告ではなく、PR活動で育つ
◆社長は最大の広告塔。メディアトレーニングを普段から受けておこう
◆大企業だけでなく、個人や中小企業もPR会社を使う時代

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2006年9月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:広報

竹村徹也 | 儲かる会社は「ニュースづくり」が上手い

広告予算がなければ知恵を出せ!
『儲かる会社は「ニュースづくり」が上手い』
竹村徹也(ニュース・クリエイター)著
実務教育出版刊
1,890円(税込)

【キーワード】
◆取材が来るのを待つ受け身の姿勢ではなく、
 自らがニュースをつくりマスメディアや自社媒体で発信する
◆発信するだけでなく、ニュースのパワーをマーケティング活動に活用する
 この場合、流通現場等の準備が重要となる
 お客が購入していくまでの自然な流れをきちんと構築すること
◆いかにテーマを設定するかがPRのコツ
◆新商品でなくてもPRはできる
◆1つのニュースを元にさらに次のニュースを生み出す
◆マスコミ以外のニュース媒体にも注目(専門家のブログ等)
◆記事風広告の増加
◆最高の広告はニュースだ!
◆ニュースになる情報を広告、ホームページ、メルマガ等すべてに組み込め

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2004年12月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:広報

このページの先頭へ