強くて優しい会社(末永春秀著)

あらゆる問題は、突き詰めると人に行き着く

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『強くて優しい会社』(クロスメディア・パブリッシング刊)に出てきた言葉です。
著者は株式会社末永イノベーション経営代表取締役の末永春秀さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

問題の連続が経営。
これは、私の35年間の経営コンサルタントとしての経験の中で多くのお客様に接してきた実感です。
とにかく経営というのは、問題、問題、問題の連続です。
そしてあらゆる問題は、突き詰めると人に行き着きます。
その意味で、経営の根幹は、「人事力」にあると私は考えています。

人事が経営の一番の根幹であり、変化に対して迅速に適応していくべき時代には、常に経営者が人事に対して強い関心を持ち、目配りをして人事施策の具体化を実行していかなければなりません。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆理想を目指さない限り「強くて優しい会社」には近づけない
◆問題の連続が経営
◆あらゆる問題は、突き詰めると人に行き着く
◆経営の根幹は、「人事力」にある
◆「現場の人事デザイン」と「現場の人事力」
◆基本原理は7つのフェーズに集約できる
◆「強い会社」と「優しい会社」は両立できる
◆人を大切にする会社こそが永続できる会社

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/ThR4ITE9plQ

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201810issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/617417

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201810_1.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年9月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

人事こそ最強の経営戦略(南和気著)

日本だけで活動している企業にもグローバル人事の考え方が必要になる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『人事こそ最強の経営戦略』(かんき出版刊)に出てきた言葉です。
著者はSAPジャパン株式会社人事・人財ソリューションアドバイザリー本部長の南和気さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

グローバル人事は、今のところ「積極的に海外進出している一部の大企業だけが取り組むべきこと」のように思われているかもしれません。
しかし私は、日本国内だけでビジネスを行っている企業にとっても、これからはグローバル人事の考え方が必要になってくると考えています。

日本には今、人手不足という大きな変化の波が訪れています。
少子高齢化による人口減少により労働者の高齢化、多様化が進み、若手の人手不足が深刻化、外国人労働者の積極的な雇用についても議論が進んでいる状況です。

今後は国内企業においても、人材が多様化する中で、戦略的に人を育て組織を生かすグローバル人事の考え方を取り入れていかなければ、迫りくる変化の大波を乗り越えることができないのではないか、という危機感を抱いています。

日本人だから、外国人だからという壁を破り、全社員が信頼関係を持って力を発揮できる組織をつくる。
その成否がそのまま企業の競争力となります。
人事こそが、最強の経営戦略となる時代なのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆日本だけで活動している企業にもグローバル人事の考え方が必要になる
◆少子高齢化による人口減少で労働者の高齢化、多様化が進むからだ
◆海外企業の「ジョブ型雇用」、日本企業の「メンバーシップ型雇用」
◆海外企業はスキルと経験とモチベーションを掛け合わせて、人を評価する
◆人事評価制度の透明性を担保する
◆評価の適切なフィードバックを必ず行う
◆情報共有ができる人事情報システムは必須
◆人事分野のテクノロジー活用のなかで、注目を集めているのがAI

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201809issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/615161

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201809_2.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年9月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

慌てない・もめない・負けない経営(鳥飼重和著)

経営と法律はまさに一体

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『慌てない・もめない・負けない経営』(日本経営合理化協会刊)に出てきた言葉です。
著者は日本経済新聞社「企業が選ぶ弁護士ランキング」税務部門で第1回(2013年)及び第2回(2016年)で総合1位。
鳥飼総合法律事務所代表弁護士の鳥飼重和さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「法律なんて守っていたら商売なんてできるか」と、法律を学ぶことも、法律家と話すこともない社長がいます。
今まではそれで通用したかもしれません。
しかし、インターネットの発達や、個人の権利意識の向上、法整備により、「隠しておきたいことが簡単に表沙汰になる」時代になりました。

これからの経営は、「法律から逃げるのではなく、法律を手段として使う」という発想をもたなければなりません。
ビジネスを構築するのも、動かすのも、人を雇うのも、取引するのも、その基礎はすべて法律です。
経営と法律はまさに一体なのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆一件のトラブルでも対応を間違うと、すべてが吹っ飛ぶ経営リスクになる
◆「法律から逃げるのではなく、法律を手段として使う」という発想をもつ
◆ビジネスの構築も、人の雇用も、取引も、その基礎はすべて法律だ
◆トラブルが起きる前に「先手を取る」
◆法令順守(コンプライアンス)・法律意識(リーガル・マインド)をもつ
◆孫子のような参謀五人を近くに置く
◆今、真っ先に解決しなければならない労務問題は「長時間労働」
◆社長が本気で取り組めば、ほとんどのハラスメント問題は改善する

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201809issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/615161

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201809_1.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年8月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

熱海の奇跡(市来広一郎著)

エリアを変える点を打つ

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『熱海の奇跡』(東洋経済新報社刊)に出てきた言葉です。
著者は株式会社machimori代表取締役の市来広一郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「ビジネスの手法を使ったまちづくりを志してやってきたものの、どうやって稼ぐことと街を変えることを両立していくのか」
具体的な改善策を見出せないでいた頃に出会ったのが、建築・都市・地域再生プロデューサーの清水良次さんでした。

清水さんは元々、マーケティング・コンサルタント会社でさまざまなビジネスの開発事業に携わってこられた人です。
その後、1990年代初めに40代で独立。青山でワインバーを始めて大成功を収め、日本全国にワインバーのブームを起こしました。

清水さんが青山にワインバーを一軒始める。それが人気になると、青山の近辺には次々と似たようなお店が出きていく。
この様子を見て、清水さんは「ああ、こういうことか」と気づいたそうです。
つまり、エリアに一つ、そのエリアを変えるような点を打つことで、その界隈が変わっていくということです。

清水さんはこの実体験をその後の仕事に活かしていきます。
ビルのテナント開発やもっと大型の地域開発などに、「エリアを変える点を打つ」という体験を応用したそうです。
それがまちづくりの手法となったのが、リノベーションまちづくりであり、「現代版家守(やもり)」という考え方です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆最初の課題は、地元の人たちが口にしていた「熱海には何もない」
◆地元の人が地元を知ることが大事だと気づき、始めた「あたみナビ」
◆南熱海の荒れた農地、使われていない農地を再生する「チーム里庭」
◆地元の人が地元を楽しむツアー「熱海温泉玉手箱(通称オンたま)」
◆シャッター街の熱海銀座を変えるためにCAFE RoCAをオープン
◆ゲストハウス、海辺のあたみマルシェ、コワーキングスペース
◆移住したり、二拠点居住を始めたり、熱海で起業する人も出てきた
◆街に魅力が生まれ、人が集い、空き店舗も埋まり始め、地価も上がり始めた

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201808issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/612797

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201808_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年8月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ