交渉の武器(ライアン・ゴールドスティン著)

★交渉に臨む前に、プランA、B、Cと複数の選択肢を用意する

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『交渉の武器』(ダイヤモンド社刊)に出てきた言葉です。
著者は「世界で最も恐れられる法律事務所」東京オフィスのトップ弁護士、ライアン・ゴールドスティンさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

まず「交渉決裂ライン」を決める。
そして、この一線は絶対に譲らない。
この覚悟を決めることが交渉の第一歩です。

ただし、この覚悟は単なる精神論ではありません。
重要なのは、その交渉に一点張りしないことです。
繰り返しますが、交渉は自分の目的を達成する手段に過ぎません。
もしも、これから行う交渉が決裂したとしても、他の手段で自分の目的を達成できればいいのです。

だから、交渉に臨む前に、プランA、B、Cと複数の選択肢を用意しておくことが重要です。
これができれば、目の前の交渉が決裂することをむやみに恐れる必要がなくなります。
心に余裕が生まれ、覚悟も決まる。
交渉が厳しい局面を迎えても、冷静に対応し続けることができるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆交渉とは、自分の目的を達成するための手段である
◆交渉に勝つことは相手を打ち負かすことではない
◆絶対に得たい自分の目的を明確にすることが、交渉のスタートライン
◆交渉決裂ラインを決める
◆交渉に臨む前に、プランA、B、Cと複数の選択肢を用意する
◆ありとあらゆる手段とルートを使って交渉相手の調査をする
◆交渉の議論のベースとなるのは事実
◆交渉で重要なのは、相手になりきって考えること

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/jYUUBuXrmWg

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902_.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年1月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

AIをビジネスに実装する方法(岡田陽介著)

★AI企業に丸投げではなく、社内にAIのスキルやノウハウを蓄えていく

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『AIをビジネスに実装する方法』(日本実業出版社刊)に出てきた言葉です。
著者は日本で最初のディープラーニング企業、株式会社ABEJA代表取締役社長の岡田陽介さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

AI導入の際、社内ですべてを用意できる会社はほとんどありません。
このため、どうしてもAI企業の力を借りることになりますが、その場合もAI企業に丸投げするのではなく、一部だけ力を借りる。
そして社内にAIのスキルやノウハウをできるだけ蓄えていく、というスタンスが大切です。

丸投げせず、AI企業の力をうまく活用しながら導入を進めていく際、社内にAIに強い人材を育てていく必要があります。
AI導入の核となる人材やチームを育て、彼らが周囲の社員に伝播させていく。
そういう組織の設計をしていく必要があると思います。

では、どんな人がAIチームの核となるのか。
人材を選ぶ際に大事なことは、その人たちが「ビジネス発想の観点」を持っているかどうか、です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆ディープラーニングは、もはや枯れた技術だ
◆AIを運用し、活用する時代に入っている
◆自社の課題の解決策を提示しているAI企業、AI製品を見つけ出す
◆AI企業に丸投げではなく、社内にAIのスキルやノウハウを蓄えていく
◆AIチームの核となるのは、ビジネス発想の観点を持っている人材
◆AIに限らず、IT投資をする際はROI(投資対効果)を重視する
◆ボトルネックとなる経営課題に対し、AIで問題を解決していく
◆科学技術の進歩は線形ではなく、あるタイミングで突然に進歩する

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/q5YYwjmJ7GU

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201902_1.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年1月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

儲かる「個店力最大化」のすすめ方(伊藤稔著)

業務を人時という指標で効率化し利益が出せる筋肉質の体制をつくる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『儲かる「個店力最大化」のすすめ方』(エベレスト出版刊)に出てきた言葉です。
著者はチェーン経営コンサルタント、株式会社レイブンコンサルティング代表取締役の伊藤稔さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

日替わり商品を激安でやったり、チラシや演出に力を入れていたり、ポイントカードを導入したり・・・・・・ということは、売上をつくることにはなるものの、それに連動して、「コストも確実に増える」という現実があります。
大多数の小売業がこうした「足し算型」の方法を未だ盲目的に行い、過剰な施策にコストばかりかかって「儲からない」と、苦戦しているわけです。

一方で、業務の簡素化で、利益に結びつかないことは極力取りやめていく「引き算型」の経営という手法があります。
施策は表に見えない部分が大半のため、なかなか知られることもなければ実施している企業も少数派です。
このため、ここがわかることで、優位な状況で戦うことができます。

やるべきことは、コストのかかっている業務を人時という指標を用いながら洗い出して効率化を行い、利益が出せる筋肉質の体制をつくっていくことです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆チェーン経営のための、人時生産性を上げる仕組み
◆儲かっているチェーン企業は表から見えるところは何もしていない
◆儲かっているチェーン企業は経営数値の分析や競合店対策もしていない
◆日々 、標準体で利益を出していける体制をつくる
◆「足し算型」の経営と、「引き算型」の経営
◆業務を人時という指標で効率化し利益が出せる筋肉質の体制をつくる
◆利益を生まない業務は短くし、利益を生む業務に変換させる
◆チラシ販促はハイコスト経営になる

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/DLz_We4D8BQ

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201901issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201901_1.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年12月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

社会を変えるアイデアの見つけ方(市ヶ谷弘司著)

大原則を厳守しながら、小さな原則に振り回されない

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『社会を変えるアイデアの見つけ方』(クロスメディア・パブリッシング刊)に出てきた言葉です。
著者は省エネ時代の新感覚ウェア「空調服」を開発・販売。
ゼロから100億円市場を生み出した株式会社空調服会長の市ヶ谷弘司さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

法則やセオリーといった原理原則は私たちの周りには溢れていて、私たちはついこのような原理原則にとらわれてしまいがちです。

もちろん、誰の立場でも変えられない普遍性を持った原理原則もあります。
それは、たとえば「地球は丸い」といった揺るがしがたい原理原則です。
このような大原則を無視している発想は、アイデアとしては妄想の域を出ません。

つまり、創造の芽を育てていくためには「大原則を厳守しながら、小さな原則に振り回されない」という視点が必要になるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆便利な時代を創ってきたのは、人の夢と、そんな夢が生み出したアイデア
◆自由な思考やアイデアは、リラックスの時間に訪れる
◆大原則を厳守しながら、小さな原則に振り回されない
◆アイデアが出たら、その可能性を考える
◆目標倒れにならないような目標を設定する
◆目標を細かく設定していく大きなメリットは目標を意識化できること
◆限られた労力をアイデアの核心部分に集中させる
◆アイデアの規模が大きくなるほど関わる人は増えていく

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/x3abOMtk5O0

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201812issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201812_4.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年12月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ