熱海の奇跡(市来広一郎著)

エリアを変える点を打つ

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『熱海の奇跡』(東洋経済新報社刊)に出てきた言葉です。
著者は株式会社machimori代表取締役の市来広一郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「ビジネスの手法を使ったまちづくりを志してやってきたものの、どうやって稼ぐことと街を変えることを両立していくのか」
具体的な改善策を見出せないでいた頃に出会ったのが、建築・都市・地域再生プロデューサーの清水良次さんでした。

清水さんは元々、マーケティング・コンサルタント会社でさまざまなビジネスの開発事業に携わってこられた人です。
その後、1990年代初めに40代で独立。青山でワインバーを始めて大成功を収め、日本全国にワインバーのブームを起こしました。

清水さんが青山にワインバーを一軒始める。それが人気になると、青山の近辺には次々と似たようなお店が出きていく。
この様子を見て、清水さんは「ああ、こういうことか」と気づいたそうです。
つまり、エリアに一つ、そのエリアを変えるような点を打つことで、その界隈が変わっていくということです。

清水さんはこの実体験をその後の仕事に活かしていきます。
ビルのテナント開発やもっと大型の地域開発などに、「エリアを変える点を打つ」という体験を応用したそうです。
それがまちづくりの手法となったのが、リノベーションまちづくりであり、「現代版家守(やもり)」という考え方です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆最初の課題は、地元の人たちが口にしていた「熱海には何もない」
◆地元の人が地元を知ることが大事だと気づき、始めた「あたみナビ」
◆南熱海の荒れた農地、使われていない農地を再生する「チーム里庭」
◆地元の人が地元を楽しむツアー「熱海温泉玉手箱(通称オンたま)」
◆シャッター街の熱海銀座を変えるためにCAFE RoCAをオープン
◆ゲストハウス、海辺のあたみマルシェ、コワーキングスペース
◆移住したり、二拠点居住を始めたり、熱海で起業する人も出てきた
◆街に魅力が生まれ、人が集い、空き店舗も埋まり始め、地価も上がり始めた

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201808issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/612797

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201808_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年8月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

「儲かる仕組み」の思考法(山崎将志著)

テストは高収益企業の基本動作

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『「儲かる仕組み」の思考法』(日本実業出版社刊)に出てきた言葉です。
著者はビジネスコンサルタントの山崎将志さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

売りたい製品が決まったとして、次に必要となるのはテストです。
テストは高収益企業の基本動作ですが、小規模な事業でも、試作段階や量産前段階の製品を市場でテストできる環境は、すでに十分整っています。
たとえば、サイバーエージェントのグループ会社が運営している「マクアケ」というサービスがあります。

実現したいアイデアやプロジェクトに対し、インターネット上で不特定多数の人から資金を集めることができるサービスでクラウドファンディングと呼ばれています。
資金提供者は企画段階や、試作品はあるが量産に入る前の段階にある製品なりサービスを受ける権利を買うことになります。

私の友人にも、マクアケをテストマーケティングに利用し、50万円の目標額に対して80万円の資金を集めた女性用バッグのデザイナーがいます。
資金調達の実質的な目的は、企画段階にある商品への注文数を見ることです。
少なくとも売れる商品であることは判明したため、彼は次の展開を始めることができたのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆利益を増やすには値上げが最も効果的
◆「アドオン戦略」は売上・利益が増え、お客も喜ぶ値上げ
◆売り方や仕入れ方、お金の流れが変われば新しいビジネスモデルになる
◆ファブレス企業であなたのアイデアを商品化できる
◆テストは高収益企業の基本動作
◆試作段階や量産前段階の製品をクラウドファンディングでテストする
◆AI(人工知能)は最強のビジネスパートナー
◆専門家の協力を得ることができればビジネス上の課題の解決策は見つかる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201808issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/612797

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201808_1.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年7月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

人が集まる職場 人が逃げる職場(渡部卓著)

幸せのはひふへほ

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『人が集まる職場 人が逃げる職場』(クロスメディア・パブリッシング刊)に出てきた言葉です。
著者は産業カウンセラー、エグゼクティブ・コーチの渡部卓さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私はよく、優秀で努力家ゆえに完璧主義に陥りがちな方へ、「幸せのはひふへほ」という言葉をお伝えしています。
は:半分がいい。ひ:人並みがいい。ふ:普通がいい。へ:平凡がいい。ほ:ほどほどがいい。

「不安の時代」のリーダーがすべきなのは、いつでも完璧で前向きな姿を見せ、正解を与え、号令を出し、叱咤激励することではありません。
人それぞれの希望や目標を共有した上で、不安に共感し、共に悩み考え、互いの成長を促し合うことです。
それは「リーダー」というよりは、同じ職場の中でそれぞれの成長を目指す「パートナー」のような感覚です。

人が集まる職場に必要なのは、常に教え導いてくれる完璧なリーダーではありません。
完璧すぎず、自然体でいる。
そして、共に悩みながら支え合うことで、安心感を与えてくれる。
そんな“ほどほどのパートナー”なのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆人は働く中で“成長感覚”を得られないと心が折れてしまう
◆ライフ・ワーク・ソーシャルの3つの領域で成長の風が吹く
◆上昇気流に乗って成長していくためには、風を送って支える人が必要
◆アドバイスより前に、不安に共感し、安心というエネルギーを補給する
◆リーダーというよりは、それぞれの成長を目指すパートナー
◆コーチングスキルの向上のみならず、カウンセリング・マインドを持つ
◆部下の将来の夢や目標、希望するキャリアプランを知る
◆雑談の多い職場に人は集まる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201807issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/610977

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201807_1.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年6月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

最高品質の会議術(前田鎌利著)

70点の意思決定を最速で行う

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『最高品質の会議術』(ダイヤモンド社刊)に出てきた言葉です。
著者はソフトバンク勤務時代、孫正義社長のプレゼン資料を作成、プレゼンテーションクリエイターの前田鎌利さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

小学館発行の国語辞典『大辞泉』によると、会議とは、「関係者が集まって相談をし、物事を決定すること」。
つまり、「物事を決定すること」=「意思決定」こそが会議の本質ということです。

本来、意思決定とは、その権限を持つマネジャーがひとりで行ってもいいものです。
にもかかわらず、関係者が集まって相談をするというコストをかけるのは、関係者の衆知を集めることによってよりよい意思決定ができるからです。

では、「よい意思決定」とは何か?
それは、速く、精度の高い意思決定ですが、ビジネスにおいて100%の成功が保証された意思決定などありえません。
しかし、勝率5割で決断するのは愚かな決断。
勝率9割で決断すると手遅れになる。
だから、スピードと意思決定の精度を両立した7割の勝率で決断。
つまり、70点の意思決定を最速で行うのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆「物事を決定すること」=「意思決定」こそが会議の本質
◆定例会議以外の少人数ミーティングを活性化する
◆定例会議は30分(インプット・アウトプット各15分)を基本とする
◆インプットパートは簡素化する工夫をして、短縮化する
◆アウトプットのために事前の議題申請と資料提出をメンバーに義務づける
◆定例会議において「何を決めるのか」「何が決まったのか」を明確にする
◆紙ベースよりもデジタルベースの会議のほうが、圧倒的に効率的だ
◆マネジャーは指示ではなく質問を第一にし、コミュニケーションを深める

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201806issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/608511

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201806_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年6月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ