部下を元気にする、上司の話し方(桑野麻衣著)

★“ありがとう”と“ごめんなさい”がきちんと言える上司がいい

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『部下を元気にする、上司の話し方』(クロスメディア・パブリッシング刊)に出てきた言葉です。
著者はコミュニケーション講師の桑野麻衣さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

この本を執筆するにあたり、20代前半の若手社員に「どんな上司と働きたい?」と聞きました。
すると彼女から出てきた言葉は、「“ありがとう”と“ごめんなさい”がきちんと言える上司です。特に“ごめんなさい”がちゃんと言える上司がいいです」でした。

それを聞いた瞬間、心底ハッとしたのを覚えています。
確かによく思い返してみると、仕事の指示や依頼はするのに、部下が仕事をしたあとには「了解」のみで「ありがとう」と伝えていなかったり・・・・・・。
もしくは、自分の指示が間違っていたり、わかりにくかった時に「ごめんなさい」が素直に言えなかったことがありました。
あなたはいかがでしょうか。

部下たちは上司に対して何かレベルの高いものを要求しているのではなく、もっと人として本質の部分を冷静に見ています。
「あなたには言われたくない」というのを非常によく耳にします。
まさに「何を」言われるかより、「誰に」言われるかが重視される時代なのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆部下は上司から「自分に深く関心を持ってもらう」ことを求めている
◆一緒に働きたい上司は“ありがとう”と“ごめんなさい”が言える上司
◆「何を」言われるかより、「誰に」言われるかが重視される
◆目的志向型の人に対するポジティブアプローチ
◆問題解決型の人に適しているギャップアプローチ
◆人は自分の心が動きやすいアプローチ表現を相手に使いやすい傾向にある
◆「報連相をしやすい」以上の「思わず報連相したくなる」上司を目指す
◆あなたは、あなたの部下だったら幸せですか

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/5aFnA3jvWos

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201901issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201901_2.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2019年1月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:リーダーシップ

指示待ち部下が自ら考え動き出す!(大平信孝著)

指示待ち部下が生まれる根本原因は、たった2つ

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『指示待ち部下が自ら考え動き出す!』(かんき出版刊)に出てきた言葉です。
著者はメンタルコーチの大平信孝さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

指示待ち部下が生まれる根本原因は、たった2つしかありません。

1つは自身の業務を「やらされ仕事」と感じていて、いやいや仕事をしているから。
これはモチベーションの問題です。

もう1つは技術や経験不足のせいで自ら考え動けないから。
これはスキルの問題です。

自ら考え動く部下を育成し、成果を出させるためには、この2つの原因をつぶせばいいのです。

これから、部下のモチベーションを上げるための仕組み「行動イノベーション・トーク」と、部下のスキルアップを加速するための「成長の5ステップ」という2つのメソッドを紹介します。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆指示待ち部下が生まれる原因はモチベーションの問題とスキルの問題
◆部下のモチベーションを上げるための「行動イノベーション・トーク」
◆部下のスキルアップを加速するための「成長の5ステップ」
◆長期ゴール型の部下と短期ゴール型の部下
◆会社の目標と個人の夢の重なり合う「共有ゾーン」を見つける
◆10秒アクションを設定する
◆「部下が今できている部分」をしっかり承認する
◆「作業」→「スキル」の順で指導する

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/ikjdBaG5T1g

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201810issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/617417

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201810_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年10月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:リーダーシップ

リーダーのための即断即決!仕事術(桑畑幸博著)

拙速にならないように即決する

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『リーダーのための即断即決!仕事術』(明日香出版社刊)に出てきた言葉です。
著者は慶應丸の内シティキャンパス、シニアコンサルタントの桑畑幸博さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

インターネットとモバイルメディアの普及に、AIやロボットなどさまざまな技術が進歩し、グローバルビジネスの進展で競争も激化しています。
環境は、常に大きく、そして速く変化しており、必然的に組織も個人も「スピーディな動き」が要求されます。

とはいえ、時間をかけて考えなかったため失敗ばかりしていては意味がありません。
とすれば、ポイントは拙速にならないように即決すること。
つまり成功確率の高い判断を短時間で行い、実行することです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆拙速にならないように即決する
◆成功確率の高い判断を短時間で行い、実行する
◆2種類に分類される判断:「〇か×か」「どれにするか」
◆できるだけ短時間で数多くの選択肢を考える
◆判断の8割を10秒、5分、1時間で即決することを目指そう
◆短時間で数多くの選択肢を出すためには余計なことを考えないこと
◆考えるときは書きながら考える
◆「即決できる組織」をつくる

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/Yk0KUZrz0Ik

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201810issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/617417

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201810_2.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年10月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:リーダーシップ

管理職1年目の教科書(櫻田毅著)

「どのような仮説を立てているの?」とひと言声をかける

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『管理職1年目の教科書』(東洋経済新報社)に出てきた言葉です。
著者は人材活性ビジネスコーチの櫻田毅さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

私は証券会社時代の上司から、次のように言われ続けていました。
「思いついたアイデアをどんどんお客様にぶつけて、生の反応を確認しろ。
ただし、早く確実に役に立つ商品を作るためには、必ず仮設を立ててそれを検証するように」。

お客様の反応が仮説通りであれば、そのアイデアに至るまでの思考プロセスの妥当性が証明されたことになり、自信を持って商品化を進めることができます。
そうでなければ、仮説と照らし合わせることで、考え違いを究明してアイデアの改善や変更を行うことができます。
そして、また仮説を立てて再チャレンジです。

「やってみること」は大切なプロセスです。
ただし、せっかくやるのであれば、正しい方法で試行錯誤を行う方が早く正解にたどり着きます。
部下の「やってみます!」に対して、上司として「どのような仮説を立てているの?」とひと言声をかけるだけで、部下の行動を一段質の高いものに変えることができるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆管理職の役割は「チームの成果の最大化」
◆チームの成果の最大化を「生産性の高いやり方」で実行する
◆あなたと部下の「価値ある人材への成長」
◆迅速に質の高い意思決定を行う
◆必ず仮設を立ててそれを検証する
◆権限委譲によってチームの成果が高まる
◆権限委譲の基本スタンス:やらせてみて、できないところをサポートする
◆誰もがリーダー、誰もがサポーター

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201804issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/603280

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201804_1.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年3月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:リーダーシップ

このページの先頭へ