人前で30分話すためのプロの実践テクニック(麻生けんたろう著)

人前であがらずに話すためには原稿を3段階でつくる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『人前で30分話すためのプロの実践テクニック』(同文舘出版刊)に出てきた言葉です。
著者はラジオDJの麻生けんたろうさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

人前であがらずに話すためには原稿を3段階でつくりましょう。

第1段階は話し言葉で書き出すことです。
原稿の緻密さについては、読者のレベルによって意見の分かれるところかもしれませんが、私は原稿を一字一句書くことをすすめています。
なぜなら、あとで振り返り、改善していくことができるからです。

第2段階は、話し言葉でつくりあげた原稿から、友達言葉や耳障りな表現を削除、もしくは適切な言葉に置き換えていきます。

第3段階は、修正原稿ができたら、最初から最後まで必ず声に出してみることです。

一字一句、TPOにあわせた話し言葉で原稿を書き、声に出して練習しました。
ここで、積み上げてきたものをいったん壊します。
書いた原稿を暗記すればするほど、ほんの小さなきっかけで思い出せなくなるリスクを抱えてしまうからです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆アナウンス学校に通い、あがり症を克服し、5年後にはラジオDJ
◆人前であがらずに話すためには原稿を3段階でつくる
◆原稿ができたら、本番をしっかりイメージした声でリハーサル
◆聞き手に納得してもらいたいときには、PBREP構成が効果的
◆プロのしゃべり手は発声練習を大事にしている
◆異性・仕事・家庭・健康・お金の5つの欲や悩みに関連づけて話す
◆行動を促すために、行うことを前提に話す、
◆最後は聞き手の背中を押してあげられるモチベーターになろう

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/Nx3oxiGh89A

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201812issue.html

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201812_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年12月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話す・聴く

意見・主張が通る「伝え方」(石田健一著)

次の話題について「前置き」をする

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『意見・主張が通る「伝え方」』(明日香出版社刊)に出てきた言葉です。
著者はパーソナルコーチ、コンサルタントの石田健一さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

プレゼンや会議、商談で説明するときは、次の話題について「前置き」をすることが大切です。
例えば、テレビのニュース番組では、「さあ、次は海外サッカーについてのお話です」「続いては〇〇さんのお天気コーナーです」と、必ず次の話題の前置きをします。
このようにすることで、聞き手はこれから何の話をするかが、グッとわかりやすくなります。

あなたはプレゼンで次のスライドに移る前に、前置きを入れて説明していますか。
映し出したスライドをじっと見つめながら、前置きの言葉を全く加えずに、淡々と説明し続ける人がいますが、それでは聞き手の心を動かすプレゼンにはなりません。
わかりやすい説明をするコツは、話の方向性を示してあげることです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆伝えたいことを整理し、相手にわかりやすく、ポイントを絞って話す
◆相手の頭で考えていることを想像して話す
◆気持ちよく納得してもらうための「あたたかロジカルモデル」
◆ロジカルな伝え方の基本構造:テーマ→結論→具体的理由
◆あなたのパーソナリティ(体験談など)で「あたたかさ」を加える
◆次の話題の前置きをすることで、話はグッとわかりやすくなる
◆説明の途中で、「次に」「すなわち」などの「つなぎ言葉」を入れる
◆「間」を作ることで、プレゼンや会議での発言は強く印象的になる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201807issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/610977

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201807_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年7月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話す・聴く

声と言葉のプロが教える伝わる話し方(のざき きいこ著)

わからない人が、わかっている人のレベルには上がっていけない

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『声と言葉のプロが教える伝わる話し方』(秀和システム)に出てきた言葉です。
著者は声と言葉のプロ、株式会社サムスィング代表取締役、のざき きいこさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

職場でも家庭でも「言った言わない事件」というのがあります。
話し手は「あれだけ言ったのに!」との思いですが、聞き手のほうは「いえいえ、聞いていませんよ!」という行き違いです。
きちんと伝わるコミュニケーションにするためにはどうしたらよいのでしょうか。

まずは聞き手を意識しましょう。
聞き手の知識、情報量、聞き手のレベルに合わせて話すことが大切です。

ところが多くの人は、聞き手にわかるように話すというより、ついつい自分の視点から話してしまいがちです。

わからない人が、わかっている人のレベルには上がっていけません。
わかっている人が、わからない人のレベルに合わせて話してあげることで、初めて伝わるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆声と言葉の使い方は、第一印象の決め手
◆メリハリを「7つの表現スキル」で表現する
◆「間」を上手に使いこなす
◆声に気持ちを込めて表現する
◆聞き手の知識、情報量、聞き手のレベルに合わせて話す
◆説明は、スッキリ、ユックリ、ハッキリ、3つの「リ」で行なう
◆自分の思いを伝えるときに大切なことは、言葉の温度を高めること
◆相手の共感を得るために大切なことは「自信」

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201804issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/603280

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201804_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年4月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話す・聴く

1分で打ち解ける! 戦略的な雑談術(伊庭正康著)

雑談のネタを「相手の関心」に合わせる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『1分で打ち解ける! 戦略的な雑談術』(明日香出版社)に出てきた言葉です。
著者は株式会社らしさラボ社長の伊庭正康さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

よく雑談のコツは、雑学ネタを集めることだと言われますが、もっと大事なことがあります。
それはネタを「相手の関心」に合わせることです。
相手の関心を想像してネタをチョイスすれば、自動的に雑談は盛り上がります。

まず、会話では聞き役に回るようにします。
このとき、聞き役に回る時の基本フレーズを知っておくと、より効果的に相手の関心を引き出せます。
聞き役に回る時の基本フレーズを4つのレベルに整理してみました。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆雑談のコツは、雑談のネタを「相手の関心」に合わせること
◆聞き役に回る時の4つのレベルの基本フレーズ
◆うまい雑談は主役が入れ替わる
◆聞きたいことがあるときは自分から積極的に自己開示する
◆初対面で警戒心を解くためのキラークエスチョン
◆「相手が大事にしている」ことしか書いていないホームページに関心を示す
◆みんなが敬遠しがちなぶっきらぼうな人の垣根を越える
◆「お仕事の内容は変わらず、ですか?」は、超おすすめのクエスチョン

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201802issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/580893

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201802_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年2月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話す・聴く

このページの先頭へ