声と言葉のプロが教える伝わる話し方(のざき きいこ著)

わからない人が、わかっている人のレベルには上がっていけない

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『声と言葉のプロが教える伝わる話し方』(秀和システム)に出てきた言葉です。
著者は声と言葉のプロ、株式会社サムスィング代表取締役、のざき きいこさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

職場でも家庭でも「言った言わない事件」というのがあります。
話し手は「あれだけ言ったのに!」との思いですが、聞き手のほうは「いえいえ、聞いていませんよ!」という行き違いです。
きちんと伝わるコミュニケーションにするためにはどうしたらよいのでしょうか。

まずは聞き手を意識しましょう。
聞き手の知識、情報量、聞き手のレベルに合わせて話すことが大切です。

ところが多くの人は、聞き手にわかるように話すというより、ついつい自分の視点から話してしまいがちです。

わからない人が、わかっている人のレベルには上がっていけません。
わかっている人が、わからない人のレベルに合わせて話してあげることで、初めて伝わるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆声と言葉の使い方は、第一印象の決め手
◆メリハリを「7つの表現スキル」で表現する
◆「間」を上手に使いこなす
◆声に気持ちを込めて表現する
◆聞き手の知識、情報量、聞き手のレベルに合わせて話す
◆説明は、スッキリ、ユックリ、ハッキリ、3つの「リ」で行なう
◆自分の思いを伝えるときに大切なことは、言葉の温度を高めること
◆相手の共感を得るために大切なことは「自信」

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201804issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/603280

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201804_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年4月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話す・聴く

1分で打ち解ける! 戦略的な雑談術(伊庭正康著)

雑談のネタを「相手の関心」に合わせる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『1分で打ち解ける! 戦略的な雑談術』(明日香出版社)に出てきた言葉です。
著者は株式会社らしさラボ社長の伊庭正康さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

よく雑談のコツは、雑学ネタを集めることだと言われますが、もっと大事なことがあります。
それはネタを「相手の関心」に合わせることです。
相手の関心を想像してネタをチョイスすれば、自動的に雑談は盛り上がります。

まず、会話では聞き役に回るようにします。
このとき、聞き役に回る時の基本フレーズを知っておくと、より効果的に相手の関心を引き出せます。
聞き役に回る時の基本フレーズを4つのレベルに整理してみました。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆雑談のコツは、雑談のネタを「相手の関心」に合わせること
◆聞き役に回る時の4つのレベルの基本フレーズ
◆うまい雑談は主役が入れ替わる
◆聞きたいことがあるときは自分から積極的に自己開示する
◆初対面で警戒心を解くためのキラークエスチョン
◆「相手が大事にしている」ことしか書いていないホームページに関心を示す
◆みんなが敬遠しがちなぶっきらぼうな人の垣根を越える
◆「お仕事の内容は変わらず、ですか?」は、超おすすめのクエスチョン

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201802issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/580893

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201802_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年2月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話す・聴く

言いにくいことを伝える技術(大野萌子著)

働く人の悩みの9割は人間関係に起因する

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『言いにくいことを伝える技術』(ぱる出版)に出てきた言葉です。
著者は一般社団法人日本メンタルアップ支援機構代表理事の大野萌子さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

最近、ネットなどで、「入社して6日目で辞めた」
このようなつぶやきが入社シーズンなどに拡散します。
たった数日で、仕事の内容がわかるはずがありません。
見切りをつけてしまう理由の大半は、人間関係です。

私は長年、働く人の相談を受けていますが、悩みの9割は、
「上司とうまくいかない」
「部下指導に悩んでいる」
「客先とトラブルがある」
「家庭不和」など人間関係に起因することです。

そこで、今回、この本でお話ししたいのが「言いにくいことを伝える技術」です。
この技術を身につけることによって、快適な関係性をつくっていくことが可能になります。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆働く人の悩みの9割は人間関係に起因する
◆「言いにくいことを伝える技術」を身につける
◆自分の気持ちを素直に受け止め、表すようにする
◆相手が誤解しないように、自分の気持ちや意見は伝えることが大切
◆すべての依頼や誘いにYESと言うのは無理
◆会話でいちばん大事なことは、伝えたいことが正確に相手に伝わること
◆確実に伝えるためには、事実を、シンプルに、丁寧に伝えること
◆「ちょっと言いづらいことを伝える」意識的なトレーニングを積む

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201709issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/515990

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201709_3.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年9月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話す・聴く

10秒で伝わる話し方(荒木真理子著)

切り出しの10秒はその後の10分より重要である

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『10秒で伝わる話し方』(日本実業出版社)に出てきた言葉です。
著者は気象キャスターの荒木真理子さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「切り出しの10秒はその後の10分より重要である」と教えてくれたのは、アナウンサーの先輩です。
ビジネスシーンや結婚式などで、何人ものプレゼンやスピーチが続くと、聞き手は疲れたり、飽きたりしてしまい、頭の中では、別のことを考えはじめてしまうものです。

しかし、長いスピーチが終わり、次の人がマイクの前に立って話しはじめる、その瞬間ばかりは、誰もが話し手に注意を向けてくれます。
この10秒間で、いかに聞き手の興味を引き寄せられるかがポイントなのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆一文を50字以内(10秒に相当)短くする
◆切り出しの10秒はその後の10分より重要である
◆小道具を使えば、聞き手の理解を助け、あがり症も防げる
◆「書き言葉」ではなく「話し言葉」で話そう
◆10秒ずつ練習する
◆最初の10秒をつかえずに話せたら、次の10秒に挑戦しよう
◆「メモ式原稿」や「絵コンテ原稿」を活用する
◆頭が真っ白になったときは、タイトルを繰り返す

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201704issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/476533

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201704_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年4月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話す・聴く

このページの先頭へ