最新情報

「営業」は必ず君の武器になる(高城幸司著)

どんな職業についても営業がついてくる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『「営業」は必ず君の武器になる』(日本実業出版社刊)に出てきた言葉です。
著者は人事・組織コンサルタント、株式会社セレブレイン代表取締役の高城幸司さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

ここで皆さんに知ってほしい事実があります。
これからの時代、営業的なスキルを持つことが、誰でも避けられない時代になってきます。
医者や弁護士でも「自分を売り込む」営業力が必須です。
会社でも、営業をはじめ、複数の仕事を経験させる人事異動がトレンドです。

あるゼネコンでは、営業現場の経験を設計に活かして欲しい、あるいは、新たなキャリア形成の機会になることを望む、と設計部門の社員の半数を3年以内に営業職に異動させると宣言しました。
この宣言に設計部門は大騒ぎになったものの、大半の社員は受け入れて営業職へ異動していきました。

こんなふうに、営業職への人材の大異動はあちこちで行なわれるようになっています。
だとしたら、「どんな職業についても営業がついてくる」と腹をくくり、だったら少しでも早いうちにやっておいたほうがいい、と思ってください。
自分に与えられたミッション(役割)に対しては、ポジティブに取り組んだほうがいいに決まっています。

営業をいきなり「大好きになれ」とは言いません。
ただ、多少は心と裏腹でも楽しそうに、イキイキと仕事をするフリをしてみませんか?
すると、不思議なことに仕事が好きになります。
どんな仕事でも、あなたの発想と行動で素晴らしいものになるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆これからの時代、どんな職業の人でも「自分を売り込む」営業力が必須
◆楽しそうに仕事をするフリをすると、不思議なことに仕事が好きになる
◆「考えない営業」と「考える営業」
◆「考える営業」ができるようになると感謝の言葉をいただく機会が増える
◆クロージングではお客様に早期の決断がメリットを創出することを訴える
◆目先の売上のために小さな技を覚えるより教養を磨く
◆売れていなくても明るく、朗らかに振る舞えば、いい仕事が舞い込むもの
◆大変な労力がかかっても、営業の仕事をするのであれば、ブレーンを目指す

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/uPtiIH3HlGA

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/619592

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811_3.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年11月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:営業

年収1億円になる人の習慣(山下誠司著)

仕事が遅いのは能力の問題だが、スタートが遅いのは姿勢の問題だ

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『年収1億円になる人の習慣』(ダイヤモンド社刊)に出てきた言葉です。
著者は日本最大級・240店舗の美容室EARTHのうち70店舗をフランチャイズ展開する株式会社サンクチュアリ代表取締役の山下誠司さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

仕事で大切なのは、質よりもスピードです。
経験が浅くて未熟なうちは、「仕事が遅い」のはしかたがありません。
けれど、「スタートが遅い」のは致命的です。
仕事が遅いのは能力の問題ですが、スタートが遅いのは姿勢の問題だからです。

やれるかどうかを判断してから行動しようとすると、スピード感が損なわれます。
まず、鬼のスピードで、やってみる。
「行動が先、考えるのはあと」です。
大切なのは、「最初の一歩は、できるだけ早く踏み出す」ことです。
フライングなら、なおよしです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆年収1億円の人の習慣を行うのに、特別な才能も、お金も必要ではない
◆年収1億円の人に変わるには、まずは、お金と時間の使い方を変えること
◆最低でも3年間、できれば10年間、休みなしで働く
◆最初の一歩は、できるだけ早く踏み出す。フライングなら、なおよし
◆普段から、カタカタと電卓を叩くだけで、お金に好かれるようになる
◆笑顔を忘れず、礼節を持って、自分から大きな声で挨拶をする
◆早起きして一番に出社する
◆10年計画を立て、夢の実現のために自ら数字を追いかける

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/NTM2iMhu4wc

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/619592

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811_2.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年11月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

大きく稼ぐ経営者になる 脳のアップグレード術(西田文郎著)

目標を持ち、どのようにその目標を実現しようかと常に考えている

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『大きく稼ぐ経営者になる 脳のアップグレード術』(現代書林刊)に出てきた言葉です。
著者は日本のイメージトレーニング研究・指導のパイオニア、株式会社サンリ会長の西田文郎さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「なかなか稼げない」
「ぼちぼち稼げる」
「大きく稼げる」
「もの凄く稼げる」
「もう稼ぐのは十分で分かち合いたくなる」。
このように稼ぐには5つのレベルがあります。

「ぼちぼち稼げる人間」と「なかなか稼げない人間」の違いはたった一つしかありません。
自分の商売を、自分の仕事を、なめているかどうか。それだけの差です。

なめているとは、別の言い方をすれば、本気になっていないということです。
なかなか稼げない人間も、もちろん必死になって仕事に取り組んでいますが、本気であるとは限らないのです。

では、本気になるとはどういうことなのでしょうか。
スポーツでもビジネスでも、本気になった人間にはこんな特徴があります。
(1)目標を持ち、(2)どのようにその目標を実現しようかと常に考えている。
もし誰かに、
「成功できた人間と、成功できなかった人間の一番大きな違いを具体的に教えてほしい」
と尋ねられたら、私はこの2つをあげます。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆稼ぐには5つのレベルがある
◆稼げない人間は自分の商売、仕事に本気になっていない
◆本気になった人間は目標を持ち、いかに実現しようかと常に考えている
◆他人を喜ばせたい(他喜力)は過酷な競争を勝ち抜くのに一番必要な能力
◆大きく稼ぐには、まず強欲であらねばならない
◆使命感と感謝は、大成功者のエネルギー
◆真の大成功者だけが到達する「積極的無欲」
◆稼いだお金を人と分かち合うと「お金+幸せ」になる

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/Rck94XJRXr8

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/619592

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201811_1.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年10月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

計画力の鍛え方(中尾ゆうすけ著)

突発的なトラブルに左右されにくい体制を整え、計画倒れを防ぐ

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『計画力の鍛え方』(すばる舎リンケージ刊)に出てきた言葉です。
著者は人材育成研究所代表の中尾ゆうすけさん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

スケジューリングまでできていれば、あとはこれに沿って進めていくだけです。
しかし、途中でさまざまなトラブルが起こることも想定されます。
たとえば、次のようなことはどんな仕事でも起こりうることです。

「急なクレーム対応でAの作業が予定通り進まなかった」
「Bに品質不良が出てやり直しを余儀なくされた」
「Cの作業をやるはずだった人が入院することになった」

ほかにもその仕事固有のトラブル、過去の経験上不安なこともリストアップします。
リスクの想定ができたら、あらかじめ回避方法も用意しておくと安心です。

たとえば、Bに品質不良が起きないように、「チェックする」という作業を追加しておくなど、あらかじめリスクをつぶしておくのです。

また、ふだんから、クレームが来た時の対応を決めておいたり、突然の入院などでも仕事が滞らないようにマニュアル化や情報の共有をしておいたりすれば、いざというときに代打を頼めます。

このようにして、突発的なトラブルに左右されにくい体制を整えておくことが、計画倒れを防ぐことにつながるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆プロジェクトがうまくいくかどうかは、計画段階でほぼ見通しがつく
◆「面の計画」、「縦の計画」、「横の計画」
◆「面の計画」とは細分化されたさまざまな計画を包括した全体の計画
◆「面の計画」は上位の役職者が立てる
◆「縦の計画」は特定の目標を達成するための専用の計画
◆「横の計画」はすべての人が意識するべき時間管理
◆毎日、納期までの見通しを立て直し、必要な手を打っていくのが進捗管理
◆状況が変われば計画も変える

ユーチューブで試聴する方はこちらをクリック
 → https://youtu.be/2FLlCT_-kuo

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201810issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/617417

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201810_4.html

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2018年10月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

このページの先頭へ