長尾一洋 | 戦略の見える化

★戦略の見える化が、会社の未来を変える!
 『戦略の見える化』
 長尾一洋(NIコンサルティング社長)著
 アスコム刊 1,300円(税別)

【キーワード】
◆戦略の見える化は社内だけでなく、社外に対しても必要
◆自社独自の土俵を作り、一人横綱になる
◆抜本的な戦略立案のためには、ドメインから見直そう
◆物理的定義よりも機能的定義でドメインを設定しよう
◆20年後のビジョンマップ、5年後の戦略マップ、1年後の戦術マップ
◆スコアカードは戦術マップを具体的なアクションに落とし込むための得点表
 結果指標だけではなく、結果を出すために必要な先行指標を設定する
◆大切なことは、社員の頑張りを自分の子どものように見守ること

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2010年10月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

長尾一洋 | 仕事の見える化

★「会社の未来」、「社員の頭の中」、「顧客の頭の中」を見える化する
 『仕事の見える化』
 長尾一洋(NIコンサルティング社長)著
 中経出版刊 1,300円(税別)

【キーワード】
◆会社の未来を見える化するために20年後のビジョンマップをつくる
 それを5年後までの戦略マップ、1年後までの戦術マップに落とし込む
◆メーリングリストを利用する「見える化日報」を採用する
◆日報は「顧客カルテ」(内勤用には業務カルテ)と「日々の記録」の2種類
◆顧客カルテ(業務カルテ)で商談や業務のプロセスがよくわかる
◆上司や関係部署のコメントによって「見える化日報」はパワーアップする
◆「日々の記録」で部下のモチベーションがよく見える
◆「見える化日報」で社員の頭の中、顧客の頭の中を見える化できる

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2009年6月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ