遠藤功 | 未来のスケッチ

★旭山動物園再生のすべては14枚のスケッチから始まった
 『未来のスケッチ』
 遠藤功(早稲田大学ビジネススクール教授、ローランド・ベルガー会長)著
 あさ出版刊 1,400円(税別)

【キーワード】
◆動物たちの「命の輝き」を伝える行動展示のアイデアは、
 共通の理念をもつ現場で生み出され、現場の力で実現する
◆環境が厳しいときだからこそ、思いを熱く語り、「旗」を掲げる
◆言葉だけでなくスケッチがあったから多くの人の心を動かすことができた
◆「チーム制」ではなく、一人が責任を持つ「担当制」を採用
◆「代番制」で相互学習を加速させる
◆1975年から続けている毎月の勉強会
◆次の時代の「スケッチ」を常に描き続ける

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス2010年5月号でご紹介しました 
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年4月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

遠藤功 | 見える化

☆あなたの会社は見えていますか?
『見える化』
遠藤 功(早稲田大学大学院教授/ローランド・ベルガー会長)著
東洋経済新報社刊
1,600円(税別)

【キーワード】
◆人間は目の前のものしか見えていない
◆企業内にはクレームや失敗、事故など見せたくないものがたくさんある
◆「見える化」は「見せる化」でなければならない
◆「見せよう」とするのは人であって、機械やITではない。
◆大きくシンプルなトヨタの「アンドン」
◆「よい見える化」は気づき、思考、対話と行動を育む

この本はビジネスCDマガジン月刊トークス 2005年12月号でご紹介しました。
月刊トークスって何?
どんな人が聞いているの?
トークス誕生秘話

タグ

2011年3月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ