勝ち続ける会社をつくる 起業の教科書(野坂英吾著)

トップが学ぶ姿勢をやめたら、会社の成長は止まる

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『勝ち続ける会社をつくる 起業の教科書』(日本実業出版社)に出てきた言葉です。
著者は創業以来21期連続増収、東証一部上場企業、株式会社トレジャー・ファクトリー社長の野坂英吾さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

最近では、同じくらいの規模の上場企業経営者と協力し合って、勉強会を行っています。
年商1000億円、利益100億円を達成している企業の経営者をお招きし、年商100億円から成長していく過程でどのようなカベが立ちはだかるのか、それをどう乗り越えてこられたのかなどを、事例を交えて教えていただいているのです。

お話を聞いていて思うのは、年商10億円の頃の自分が聞いてもわからないけれど、年商100億円に達したことで初めてわかるような話がたくさんあることです。

つまり、今、このタイミングで学ぶことに意味があるのです。
そう考えると学びに終わりはありません。
トップが学ぶ姿勢をやめたら、会社の成長は止まります。
成長を止めたくなければ学ぶしかないと思うのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆ビジネスアイデアを50個書き出す
◆業界の常識に疑問を持つ
◆ビジネスプランを磨く時に欠かせない競合他社のリサーチ
◆事業計画書を作成する意義は大きく二つある
◆どうにかできないかと行動し、情報を集めれば、お金は問題ではなくなる
◆売上や社員数のカベにぶつからないように先輩経営者から学ぶ
◆トップが学ぶ姿勢をやめたら、会社の成長は止まる
◆仕事以外のきついことに挑戦し、なおかつそれに本格的に取り組む

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201708issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/507029

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201708_1.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年7月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ