少ない人数で売上を倍増させる接客(成田直人著)

接客で最も重要なのはマナーではなく「商品知識」です

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『少ない人数で売上を倍増させる接客』(明日香出版社)に出てきた言葉です。
著者は小売り・サービス・飲食業専門コンサルタント、株式会社Family Smile社長の成田直人さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

接客で最も重要なのはマナーではなく「商品知識」です。
一番の理由は、お客様に貢献できないからです。
お客様と良質なコミュニケーションをとるのに最も必要なのは、知識であり情報です。
これがなければ、店頭に立ったとき何も貢献できなくても不思議はありません。

商品知識がなければわからないことが多いので自信がなくなります。
自分からお客様と積極的に関わる自信がないから仕事が楽しめない。
話をしていても曖昧に対応してしまうのでクレームにもつながるでしょうし、貢献できません。
楽しめない。わからない。貢献できない。
この3つの不満をいつまでも抱えながら仕事をすることで幸せになれるでしょうか。

忙しいでしょうが、何よりもまず商品知識を高めることが必須となります。
高い商品知識を身につけ、自信に満ちあふれて毎日が楽しく、お客様に貢献できていると実感できるようにするのがプロへの入り口です。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆接客で最も重要なのはマナーではなく「商品知識」だ
◆新人スタッフのために「誰に何を聞けばいいのか」を明確にする
◆ネットに情報があるので、商品説明型接客ではお客様は満足できない
◆商品説明だけをしても売れない時代に必要なスキルは質問力
◆効果的な質問は5W1Hの中のWHERE
◆お客様に質問をして回答を得たら、深く頷き次のWHEREの質問をする
◆売れる販売員は、自分がされたら嫌なことはしない
◆思わず友人に話をしたくなるほどの接客を目指そう

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201708issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/507029

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201708_2.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年8月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経営

このページの先頭へ