勝ち続ける技術(宮崎正裕著)

最後のところでしか、運には頼らない

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『勝ち続ける技術』(サンマーク出版)に出てきた言葉です。
著者は神奈川県警察剣道首席師範の宮崎正裕さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

運がつくとか、運が向いてきたとか、あるいはツキが回ってきたという言葉を、われわれは普段でもよく使います。
私は、普段からきちんと稽古を積んで、やることをしっかりとやるような人間でないと、運もつかないのではないかと考えています。

しかも私は「運は、無尽蔵にあるわけではなく、決まった量しかない。だからこそ、ここ一番で使ったほうがいい。しのげるところは自力でしのげ」といつも自分に言い聞かせてきました。

「この勝負は落とせない、負けるわけにはいかない。だから、やるべきことはすべてやった、あとは天に任せる」というような最後のところでしか、運には頼りません。

そこに至るまでは絶対勝ちにいくのだと覚悟を決め、可能な限りの練習、研究、工夫を繰り返します。
そして、最後の一番まで「運の量」を残しておくのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆見取り稽古で得た選手全員の情報や知識は、大学ノートにすべてメモ
◆防御に徹し、相手のスキを待ち、一本取る
◆事前に作戦を練って試合に臨み、終わると敗因・勝因を振り返る
◆病気をしない、ケガをしない、休まないということは勝つための基本
◆非常にコンディションがいい、と思うときほど注意が必要
◆道具を使う競技ではその手入れは大変重要だ
◆勝負に勝つには、試合の潮目や流れを常に意識して読んでおくこと
◆最後の一番まで「運の量」を残しておく

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201705issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/483686

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201705_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年5月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

このページの先頭へ