1分間読むだけで、仕事の疲れが取れる本(松本幸夫著)

Pocket

できる人は必ず自分を手当てしている

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『1分間読むだけで、仕事の疲れが取れる本』(電波社)に出てきた言葉です。
著者はビジネスコンサルタントの松本幸夫さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「できる人」「一流の人物」になるための最大の条件は「自分自身のケアができること」です。
私はビジネスコンサルタントとして約31年間、延べ20万人以上のビジネスパーソンに接してきました。

その経験から導き出されたのが、できる人は、どんな状況でも、何があっても、スッと立ち直れる回復力があるということです。
できる人は、傷ついたり、ぶつかったり、迷ったりしたときに、必ず自分を手当てしています。

それに対して、できない人は、疲れがたまった自分を「まだ大丈夫」「あとでケアすればいい」と放置します。
だから、じわじわストレスがたまって能力が発揮できなくなり、大事なところで前に進めなくなるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆できる人は、何があっても、スッと立ち直れる回復力がある
◆できる人は、傷ついたり、迷ったりしたときに、必ず自分をケアする
◆心を癒すには体を刺激し、体の疲れをとるには心に働きかける
◆プラスの言葉を声に出す「しゃべる化」は感情面に大きく作用する
◆意識的に「いつもの」を抜け出したとき、思考や行動が大きく変わる
◆不安なときは、高い場所に上って、地上を見下ろそう
◆「プチプチ旅行」に頻繁に出かけて、リフレッシュ
◆背筋を伸ばして胸を張れば、心のギアが切り替わり、自信が湧きあがる

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201709issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → https://www.dlmarket.jp/products/detail/515990

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → https://www.talksnet.jp/201709_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年9月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ