一流の人は小さな「ご縁」を大切にしている(高井伸夫著)

Pocket

縁というのはお金と同じで、天下の回りもの

こんにちは。トークスの岡田です。
この言葉は『一流の人は小さな「ご縁」を大切にしている』(かんき出版)に出てきた言葉です。
著者は80歳になった今も講演・執筆で多忙な日々を送る弁護士の高井伸夫さん。
月刊トークスでまとめたこの本の要約の一部をご紹介しましょう。

「縁の総量」というものを意識したことがあるでしょうか。
最初に一人の人と出会い、その人が別の人を紹介してくれる。
そうして出会った人がまた、別の人を紹介してくれる。
そういった形で縁が縁を呼び、「縁の総量」が増えていきます。

縁というのはお金と同じで、天下の回りもの。
ですから、せっかくの縁を自分一人で溜め込んではダメ。
他の人にも「縁のお裾分け」をしながら、ぐるぐる回していくと、よりダイナミックな縁のネットワークをつくることができるのです。

月刊トークスでは、この本の要約を約12分でまとめています。
CDを聴くとあなたはこんな気づきを得られます。

◆縁ほど不思議で、ありがたいものはない
◆「縁に気づく感性」を高めるポイントは5つ
◆自分の話に耳を傾けてくれる人に対して、人は好感を持つ
◆一度できた縁は、できる限り切り捨てない
◆縁は将来につなげていくもの
◆「縁の総量」が増えると、知識や情報の総量も増える
◆縁というのはお金と同じで、天下の回りもの
◆縁づくりにおいて大事なのは、協力・応援しよう、という他者への思い

月刊トークスCD版はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201708issue.html

月刊トークスCD丸ごとダウンロード版はこちらです
 → http://www.dlmarket.jp/products/detail/507029

この本のレビューをアマゾンでチェックする方はこちらをクリック
 → http://www.talksnet.jp/201708_4.html

ユーチューブで試聴する

この記事を毎回、読みたい方はメルマガ(ほぼ週刊、もちろん無料です)にご登録ください。
メルマガ『社長必読!今月の4冊』を当社から送信いたします。
下記のページでメールアドレスと名字をご登録ください。
メール案内ご登録画面
いつでもご自身で簡単に解除できますのでご安心ください。

タグ

2017年8月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自己啓発

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ